FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人間関係力を高める環境…チャンスは多いほどいいわけです。
こっそり校名を書くって、ちょっとやみつきですね。

いきなりストレートに校名書いちゃうこともありますが。

その記事だけ読んだ方は何のことやらわからないでしょう。

それにその校名で記事検索した人にはとっても迷惑。

でもそこがいいかな、と。

自分の中ではこないだ書いた大牟田市の私立高校の修学旅行の話、

けっこう尾をひいています。

世の保護者がそこを理解していないのだとしたら、

ゾッとします。中学受験をするしないにかかわらず。

いい年のおっさんが変質者扱い(←大げさか)されたことに

ショックを受けているわけではないですが(笑)。

十代の頃は大人から見てさまざまに経験不足なのは当然ですが、

80歳近くになっても「経験不足」→結果的に田舎者って

たくさんいますからね。

地元を離れて、親元を離れて子どもたちがどんな経験をしながら

大人になるか…。

さて、今日は日本女子大学附属中学校の話を例にとります。

さっきHP見てきましたけど、あの取り組みもうやってないのかなあ。

まだやっているのに、公表していないとしたら、ちょっと地雷寄りかも。

(いいことしてるのに、そんなの当然、と思いすぎているという意味。アピール下手というかね)

これもかなり前の話ですが、説明会に行ったとき、

この学校でもっとも印象に残ったのは、ちょっと名称は忘れてしまったのですが、

個人の発表のセッションでした。まずは入学したての中1から。

何を発表するかと言うと、自分の長所と短所を自己分析して、

クラス内でスピーチするわけです。

「わたしはこういう人です」

それは先々、キャリア教育にもつながってくる取り組みで、

まず自分は何者であるか、ということ。

そしてクラスメートひとり一人が違う個性を持つこと。

誰もに長所短所があるということ。

それぞれに認め合うことで社会が成り立つということ。

それがお互いに役割を分担したり、他者に対する思いやりへとつながること。

そして自己の適性を発見して、将来の進路へ向かうこと。

これは私立の中高一貫だから、なのではなく、知っている学校はどこでも

取り組んでいる道筋だと思うんですね。

日本女子大附属だけのことではありません。

まあ、入りたての中1なんて、自己紹介はヘタクソです。

でも、ひとり一人の発表が繰り返されるうちにクラス内はこなれてきます。

姓がア行の生徒はもしかしたら「何で私が先に…」と思うかもしれませんけど。

なかなか素敵な取り組みだと思ってます。

これが心を育てることにもなるでしょう。

中学三年間で区切ってしまうと、

「世の中にはいろんな職業があって、みんな一生懸命働いているよ」

「いろいろな大人に会って取材してみよう」

「きみが興味を持った分野は何だろう」

で終了です。実際の進路は高校に進学してから考えればいいや、

となります。

中高一貫教育をちゃんとやっている学校とははっきり差がつく

部分だと思いますよ。うわべだけでなく、ちゃんとやっている

学校とはね。

とある別の学校(伏せているのではなく完全に忘れました)、

ホームルームの教室に「自己紹介カード」がずらっと貼ってありました。

いったい誰に見せるのでしょう。

休み時間にAちゃんは何が趣味だっけ?と確認している生徒がいるとは

思えないですけどね。

授業参観の合間に感じたのは、多くの子どもが

「趣味はゲームです。仲良くしてください」と書いてあったこと。

問題だなあ、と。

どんなジャンルのゲームが好きなのか、アクションなのか、RPGなのか。

一部、PS好きです、などとありましたがクラスの3分の1の生徒が

趣味はゲームです、と書いていて、それ以上の情報がない。

もしかしてそれって別に趣味じゃないんじゃないの?

あらためて趣味は?と言われてもなあ…書けるものがないなあ…が生徒たちのホンネ?

あの女子校の生徒さんのように「東映の時代劇が大好きです」というわけには

いかないでしょうけど。まあ中1ですから。

「猫好きなんで、ノラネコを見つけるとついていっちゃいます」

みたいな子どもは、東京にはいそうもないし、

そんなの変人扱いされちゃうでしょうね。

昔「○○コース」という学年誌をやっていた時代がありまして、

「クラス替え直後の新学期の位置取り」という企画を考えたことがありました。

新学期、生徒たちを放置しておくと、仲の良い集団がいくつかできて、その輪に加われない

子たちもできて、秋ごろのクラス行事、学校行事で「まとまれ」と言われるまで

いろんなストレスのある人間関係が育っちゃうような気がします。

それをローテーション的にというか、シャッフルしてマイナス面じゃなく

プラス面を増やすのがクラス担任の役割だと思います。

心を開かない生徒がいて、徐々に苦しさが増して

中学卒業した後、併設の高校へ進まない……

実はこの(日本女子大附属の)人前でのスピーチは自分を見つめる機会になるだけでなく、

プレゼン行為への慣れも兼ねているんですよね。

何か、この話を書きながら、そういえばあの学校のアレも

この学校のソレも中高一貫らしさ、私立らしさだよな、

と思い出してきました。

また、この続きを書きます。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「中高一貫校の実態をもっと知りたい!」という方は応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

秘蔵!学校エピソード | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する