FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中高一貫校だと思っていたら、別の高校を受験し直す学校がこんなに!
それでは本日、この記事から中学受験ネットのメルマガコラムで積み残した宿題、

中高の接続そのものについての一連の記事を書き始めてみたいと思います。

中高の接続と行ったときにカリキュラムがどうとか、クラス編成がどうとかの問題ももちろん重要ですが、

これからフォーカスしていくのは「在校生の満足度」という非常に微妙な要素になります。

ここをあまり意識していない学校は6年間の一貫教育で、育てる、伸ばす、ということが機能せず、

在校生に不満やストレスを残す確率が高くなると言えます。
その目に見えないように思われるデリケートな部分を、

アンケートに記載された中学卒業生数と高校進学者数の比較、という手法にのっとって迫ってみます。

早い話が、高校進学時に外部に抜ける学校、ということです。

外部に抜ける理由として考えられるのは、

1.中学3年間の学校生活に生徒側が不満を持っている
2.成績が思わしくなく学校側からやんわり肩たたきをされる
3.いじめなどのメンタルな問題が解決せず、環境を変えたいと生徒側が考える
4.校則が厳しく息苦しい
5.このままのレベルで学習していては生温いと感じ、もっと上位の進学校を外部受験したいと考える
6.経済的な理由から公立高校に進学したい
7.転居
8.その他


高校進学時に生徒が減る、という現象が前記のいずれの理由によるものかは、

もちろん解析しがたいわけですが、総合的に考えて、併設の高校に進学しない生徒が多い学校は

しかるべき背景が存在する確率が高い、と言えるでしょう。

たぶん6.と7.の理由を除けば、学校側が問題解決の姿勢を見せてしかるべきと思われます。

各校の回答内容を俯瞰してみると、ある傾向に気づきます。

学校規模の問題です。学校規模が小さな学校をアットホームな

生徒生徒ひとり一人に目が行き届く学校、とみなすケースが多いわけですが、

ほんとうにそうでしょうか?

中学卒業者数(1学年)が100人未満の学校と100人以上の学校で継続率、

つまり併設の高校への進学率の平均値を見てみるとこうなりました。

●学年100人未満の学校の継続率平均値→85.6%(1都3県+茨城の95校)

●学年100人以上の学校の継続率平均値→96.0%(1都3県+茨城の182校)

驚くべきことに10%以上の開きがあるのです。

小規模集団のほうが継続しにくいのです。

もちろんここには小規模集団の中に極端な学校が存在している、ということも言えるでしょう。

母数が小さいと、1人欠けても結果に大きく反映します。

とはいえ、学年50~99人の学校の中にも20%以上が外部流出してしまう学校が5校もあり、

これは見逃せない傾向ではないでしょうか?

あくまで今回のデータは2015年春の学期替わりでの数値ですので

継続的に調査すれば多少数字は違ってくるのかもしれません。

中高一貫校とはいえ、高校進学時に5%弱の生徒が抜けるのは珍しくなく、

そこを平均的と見なすとやはり1割以上抜ける学校には理由があると見ます。

かなりセンシティブな内容ですので、1割以上の流出を示す学校は、

抜き出して推移を把握してから校名は公表したいと思います。

ということでこの続き、まずは10月19日月曜夜の更新までお待ちください。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「知られざる中高一貫の実態」に興味深々という方は応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

続メルマガコラム | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する