FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

番外編(3)都道府県別東京難関私大への志向から見えること(後編)
ここで取り上げるのは実は再び「地域性」です。

この指数は「早慶上智+理科大」への流出率を公立高校:私立高校で比較したものです。

数値の1.0は、公立:私立が同等、という意味で、

数値が大きいほど私立高生がこれらの大学に合格している、

ということになります。

ただし、この数字をそのままに受け取ることには意味はないようです。

公立私立難関大1

全国的な傾向として私立高校へ進学させるご家庭のほうが

(首都圏の難関)私立大学に進学する志望度が高い、傾向にあります。

当然でしょう。経済的な条件が関連してきます。

しかし、(1都)3県では公立高校も私立高校もさほど変わらないようです。

公立私立難関大2

逆に上位公立高校のほうが難関私大を目指す傾向すらあります。(東京・神奈川)

そして関西圏も同様で特に奈良・京都・大阪では私立高卒業生が圏外に出にくいというよりは、

公立高校よりも(圏内の)旧帝大系の国立大への実績が高いと言えそうです。

つまりは、私立高実績に誤差・バラツキが大きいと岡山のように数字が大きく出ることがあるいっぽうで、

絶対的な公立の実績校が存在しなくても、私立高校の進学力が非常に弱い

青森、山形、山梨、島根などでは相対的に公立高校優位の数値になります。

というわけで一部例外的に県内の私立高校トップが実績を残す

鹿児島、広島、愛媛を除き、都市圏ほど上位私立高は

難関国公立大を目指す傾向が強い
といえそうです。

滑り止めに私立大を受けてくれるのはどちらかと言えば公立高。

公立高校→私立難関大学、私立高校→国立難関大(旧帝大)…

こうなると、首都圏の難関私大ばかりではなく、

中堅私大はどうやって受験生を集めればいいか、

苦悩していることも簡単に推測できます。

その結果、MARCHクラスの大学が学生確保にこれまで以上に広報予算を投下したり、

合格者を多めに出す、学部を新設する、買い手市場の流れになってきているのです。









にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「各県の高校入試の実態も知りたい!」という方は応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 22:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する