FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
76位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2018年入試…埼玉・千葉上位校の人気は安定
1/10スタートの埼玉入試に引き続き、1/20には千葉でも

中学入試がスタートしました。

まあ出願者数を見る限り、昨年と比較して大きな変動はないようですね。

あくまでも出願者ベースなので注意深く数字を見たいところですが、

市川107%、渋谷幕張105%、東邦大東邦99%、昭和学院秀英106%…

いずれも初回入試(もしくは午前入試初回)ですが

この中で出願者数が減ったのは東邦大東邦の女子だけ。

上位校の人気は安定しています。

埼玉入試の出願者数を紹介してなかったので、

ここであわせて見てみます。

栄東109%、開智118%、浦和明の星女子100%、淑徳与野100%…。

(すべて初回入試での比較)

しいていうなら女子校不人気。

共学校人気というよりは女子校不人気と見ます。

これは神奈川でも似たような傾向が見られています。

ただし、埼玉・千葉の場合はこれで

そのまま第一志望者が増えたとは言い切れません。

受験生側が併願する学校を絞り込んだとも言えるからです。

いずれにせよ例年にも増して人気校・不人気校の二極化が進み、

そして総受験者数が多い学校の中にも、入試回数を増やすことで

実際には第一志望率が低い学校も混在するものと思われます。

気になるのは競争倍率かもしれませんが、こうした学校ほど、

合格者数を絞り込むことにはリスクを感じているはず。

特に埼玉・千葉の学校は募集定員:合格者数の値の変化も

チェックしてみたいところです。




■独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-18

最新の2011-2017難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 23:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。