FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

番外編(2)都道府県別東京難関私大への志向から見えること(前編)
番外編その2は(公立上位校の)首都圏難関私大流出率。

つまり地元の国公立でいいや、考える層とそれ以上を目指す層が

全国的にどう分布しているか、ということになります。

これ難関私大「も」目指すと言った場合に

関東圏の「MARCH」(=明大、青学大、立大、中大、法大)と

関西圏の「関関同立」(=関西大、関西学院大、同志社大、立命館大」では

地域的な志向が違い、明確な評価ができません。

一応石川以西は関西圏、

富山・岐阜・愛知以東は関東圏としてみるわけですが、簡単に比較はできないわけです。

今回は同一基準、首都圏難関私大流出率、対象大学は早慶上智、理科大の全国人気の4大学。

当然、関東圏内の高校は高くなり、西日本は低く出ます。

まず県別データを紹介したあと、

次の回に公立と私立の差を並べてみたいと思います。

難関私大流出上位20修正


埼玉が1位。5校のうち、一校だけ突拍子もない値が入っていて、数字を引き上げています。
他にも突出した1校が誤差を拡大する可能性のある部分は若干修正しました。
まあ、順序はざっくり見たほうがいいとは思います。公立トップ校が私立難関大を目指すことと、
中学受験熱は直接相関しませんが、見事に「地理的条件」が関係していることは明白です。
自宅通学志向ですね。TOP20の中に西日本の府県が4つだけ入っています(青字)。
当該の県の公立トップ校上位生が関関同立では不足に思っている、ということかと思われます。

難関私大流出下位20修正

いっぽう流出指数の低い道府県。当然ながら関西圏は圏内で進学の傾向が強いわけです。
その中で岩手以北の数字の低さは南下しても仙台まで、ということのように思われます。
四国・九州は果たして近畿圏までのターゲットなのか、それともさらに近場へ進学しているのかは
ここからはわかりませんが、私立優位の和歌山では公立生が東上しないだけではなく、
私立生も東上しないようです。おっとその詳細は明日のエントリで。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「各県の高校入試の実態も知りたい!」という方は応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

公立中高一貫校について | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する