FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
正解がひとつじゃないことから始まる物語…
少し前のオンエアでした。

番組はTBSの日曜夜の林修氏がMCの番組。

確か入りは「新幹線でどの座席に子ども座らせるかで、親の教育力がわかる」

というものでした。

新幹線の座席とは一般的なABC=DEと3席2席に分かれているアレです。

最近地上波はなかなか見ないんですけどね…。

この番組はかすかにひっかかりがあって、ひと通りチェックするようにしています。

この話題のソースは2015年の慶應普通部の社会科の入試問題らしいのですが、

東海道新幹線で東京を出発して新大阪に向かうとき、

次の3つはA席からよく見えるかE席からよく見えるか、という出題だったと

記憶しています。

1.伊豆半島 2.伊吹山 3.富士山

伊吹山が出てくるところが慶應ですね。

この時点で東海道新幹線のABCDE席が理解できない時点で、

不適ということでしょうか。

時折私立では「体験したかどうか」で単純に明暗が分かれる出題が

見受けられます。運よく?体験していたのに、意識しなかったために

覚えてない、という人生は極力避けたほうがいいと思います。

番組で林先生曰く、富士山のよく見えるE席を前もって子どものために

予約する先見性・計画性がない親では、そこから話題を広げて興味を深め、

学びを楽しむことを伝えることはできない、とのことでした。

まあ、そこは共感するもしないも問わないことにしましょう。

あくまで番組のコンセプトと、テレビの望む展開というものがあります。

それよりもやや引っかかったのは、

先見性・計画性といった部分で、3席2席分割の新幹線座席の

見事な論理性を自分は思い浮かべましたね。

2人での移動ならDE、3人での移動ならABC…。

両親+子どもの3人旅行で子どもと片親でDEを予約して、

残った片親は通路の向こうに?

いやあ感覚的には東海道新幹線を単独で使用するなら、

そんなに前もって予約しないのではないでしょうか。

休日じゃなくて、最終で到着しなければいけないとか、

タレントさんみたいにタイトなスケジュールなら別ですけどね。

それにしても、

慶應普通部の

1.伊豆半島 2.伊吹山 3.富士山

という選択肢は、はじめに地図学習ありき、と思います。

実体験主義じゃ、ノータイムクリアは無理。

地図に親しむ習慣ということで言えば、

人生になかなか訪れないチャンスですが、

↓こういう写真が撮れて感動する瞬間もあるかもしれないですよ?

阿蘇カルデラ外輪山
浜名湖

(阿蘇のカルデラ、浜名湖…熊本羽田便にて撮影)

ひとりグーグルアースかって(笑)

あのとき、頑張ってやっておいてよかったは、その時点ではわからないものです。




■独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2011-2017難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 16:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。