FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績チャート・サンプル比較・神奈川男子編
有力併願校と各本命校の組み合わせも無数にあるわけではないのですが、

有料版でちんたら紹介していてどこまで長くなるかわからない部分も

あるので、悩んでもしかたない部分は無料版で端折っていきたいと

思います。

もしかして、人気があるはずの超難関校がなかなか登場しない、

なんて思う人がいるといけないので…。

トップクラスの難関校を第一志望にするにあたって、

どの学校にしようか迷う時点で、中学受験のスタート地点に立ててません。

まあ、現小6の保護者でそんなことはないと思いますが。

直前の会場テストの偏差値を確認したところで、

第一志望を最終決定して出願…なんて悠長なことでは、

過去問対策等々が間に合わないのは明白です。

ということでブログの内容が徐々に小5以下の受験生を対象としたものに

なってきています。ブログを書いていてここが難しいところです。

まだ1年以上ある、と油断している保護者は真剣に読みませんからね(笑)。

小6保護者が「確かにいまごろそれはありえない」と納得しながら

読むのも意味があるかもしれませんけどね。

今回は神奈川・男子御三家と言われる3校、聖光学院、栄光学園、浅野

比較です。総合値で3校ともトップ10にランクインしているので、

あまり大きな差はないですね。

P3P02seikougakuin.jpg
PCT02seikougakuin.jpg

P3P06eikougakuen.jpg
PCT06eikogakuen.jpg

P3P07asano.jpg
PCT07asano.jpg

残念ながら上昇ベクトルは3校ともマイナス値ですが、そのぶん

国公立ランク、MARCH非依存は高ランク。現役進学率にやや差がある程度でしょうか。

聖光学院、栄光学園は2/2に初回入試、浅野は2/3入試ですから、浅野と2校の

併願は可能ですが、本来悩むべきは上昇ベクトルに差がある学校を難関校と

組み合わせる場合でしょう。実績上昇は目立つものの

先物買い的に偏差値もいっしょに上昇し始めている学校を選ぶときは

慎重さが必要です。

ということで、この3校の比較は「まあ、こんなもんでしょう」といったところで、

意外性は特に感じません。

80%偏差値は四谷大塚は聖光学院、栄光学園、浅野の順に

69、65、64

首都圏模試では聖光学院、栄光学園、浅野の順に

76、75、72

(いずれも初回入試の数値)

両会場テストで栄光学園の評価に若干差がある程度で、

この序列は実績チャートのバランスとも一致するように思います。




■独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2011-2017難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 13:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する