FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
89位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自覚の芽生え…それは保護者についても…
とあるブログでなかなか核心をついた内容が書かれていました。

「会場テストの結果で志望校を変えるべきか」

そのブロガーさんの答えは意訳すると

「(会場テストの結果なんか)関係ねえ」

でした。

会場テストでわかった弱点を補強するのみ、と。

よく偏差値で一喜一憂しない、と言いますが、

入試日本番までのラストスパートの戦略で、

・みんなができる問題を落とさない

つまり正答率が高い問題でミスをしない

これが鉄則です。

こんなことを言っていた塾長先生もいました。

・わかっていたのに間違えた、はわかっていないということ

そうなんです、○をもらった時点で、受験生本人が

理解した、と勘違いしてしまうケースはよくあります。

何回出題されても、絶対に間違いっこない、ぐらいの精度、自信が

なくて、運が良ければ解ける、では本番でどうなるかわかりません。

でも保護者がかけるプレッシャーのために、本人が「もう理解した」と

思いたいケースもあるわけです。

終盤戦に入って、誰のためにこんなに苦しい思いをして勉強しているのか、

がわかってくるかどうかが分かれ目でしょう。

中学受験は本人の自覚の目覚めと、合格力上昇が同時進行、両輪なんですね…。

必死に暗記して「調子が良ければ思い出す」「不調なので出てこない」

そんなケースは極力減らさなければなりません。

そして、ある塾長先生がこんなことを言っていました。

・最後の最後にもっとも差がつく教科に注力するのが当然

そりゃそうです。得意不得意はあるにせよ、差がつかない教科に

最後で必死になっても1点は1点。1点の重みを理解しない受験生は

努力が報われません。

こうして改めて書くと至極当然なことばかりですが、

毎年毎年、偏差値表とにらめっこして悩む保護者が多いのが現実。

そして塾の成績が上がらないのを「悩み」と思い込んでいる保護者が多いのも現実です。

こうして保護者のプロデュース力と受験に対する覚悟が合格ラインに

届いていないのが最大の問題なのです。

受かるだけなら、中学受験は買い手市場です。

独自ドメインのほうでも触れていますが、大手進学塾ほどプロですから、

全滅しないように注意を払いながら、自塾の実績に結びつくように巧みに

誘導しているようです。

塾業界も少子化でかなり厳しい状況になってきています。

そうして塾が保護者に寄り添うのか、保護者が塾を頼るのか。

微妙なバランスのまま、本番を迎えます。

小学校受験と違い、実際に問題を書くのは受験生本人ですが、

最近はの比重は保護者:受験生が8:2から9:1と言っても

いいように思います。

しつこいようですが、

どこかに受かれば、なんとか中学受験終わり、ではないからです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学受験失敗への道 | 13:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。