FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【国公立大合格者比率】TOP50(2011-2017)
いままで国公立大学単独の合格者比率は抜き出しては集計していませんでした。

国公立大といっても、主要20大学に絞った集計ですが、

MARCH実績だけを抜き出して、自ら「難関大実績を伸ばしている!」と

主張する学校が多くなってくるとするなら、

バランスよく各カテゴリーを見極めないといけません。

依然世間としては東大合格者だけに注目する風潮にあったり、

難易度のあまり高くない公立大学合格者数で「国公立大合格」を水増ししたりする

学校もときどき見かけますが、この統計である程度は紛れの部分は

そぎ落とすことができるでしょう。

kokudai2011-2017a.jpg
kokudai2011-2017b.jpg

国公立20大学=東京、京都、一橋、東京工業、北海道、東北、大阪、筑波、千葉、埼玉、東京外国語、東京学芸、東京農工、東京藝術、東京医科歯科、電気通信、首都大学東京、お茶の水女子、横浜国立、横浜市立

それにしても見事に国立中や公立中高一貫校が上位に来ますね。

そして男子校がはっきり優勢です。

現役進学率を多少犠牲にしても国公立志向が強いのが男子校の一般的な傾向と

いえます。

また実績がまだ7年間揃っていない学校もこの中に入れていますが、

この数値で今後大幅にダウンすることも考えにくいですから、

東大合格者は別にしても国立中・公立中高一貫校は国公立志向が

強いこともわかります。

TOP50では、2017年単年実績が2011-2017の7年間平均を上回っている学校が20校。

そのうち自己ベストをマークした学校はわずかに2校、でした。

また国公立大の不振校は先の「推移ベクトル下降」とも

きっちりシンクロしているようですね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 13:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。