FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
進路実績推移の加速減速を数値化?
ここまで当ブログでは最新の2017年進路実績を

可能な限り客観的に評価しようと「7年間の順位」で表記してきました。

1↑=1↑=1↑とか7↓=7↓=7↓とか。

シンプルにこれでもある程度は状況がつかめますが、

精度としてはいまいちなので、もう少し具体的な発想をしてみました。

2016年、2017年に実績が伸び悩んだ学校が多かったことを踏まえて、

2017年の数字を2011-2013年の3年間の平均と比較して、加減速を

ポイント化してみました。

いわば2017加減速ポイントとでも呼べるものです。

2013年、2014年に築いた「貯金」を吐き出してしまった結果なのか、

「貯金」と言えるほどのものがなく徐々に下降しているのか、

その「安定感」も含めて比較のモノサシになるように思います。

これをまず昨日の巣鴨、桐朋に当てはめると、こうなります。

P2P2011-2017_gr_sugamo.jpg
P2P2011-2017_gr_touhou.jpg

ここまで紹介してきた学校の中では、

麻布ポイント-12%、渋谷幕張+9ポイント

聖光学院-5ポイント、栄光学園-15ポイント

桜蔭+4ポイント、女子学院-8ポイント

フェリス女学院+47ポイント、洗足学園+74ポイント

浦和明の星女子-16ポイント、淑徳与野-14ポイント。

-10→+10で安定、それ以上は順調(上昇)。

-20→-10なら停滞、それ以下は下降といったところでしょうか。

上昇下降のベクトルの数値化についてもう少し続けたいと思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 17:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。