FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
84位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
(進路実績)推移の「勢い」を数値化する試み
さて、進路実績推移グラフを中心にした学校比較の概要編、

予告通り、学校の進路キャラを浮き彫りにする

補足追加要素の話へと進めます。

補足追加要素その1です。

進路実績推移が、



順調/安定/停滞/下降



あくまでぱっと見の「印象」や「先入観」での判断は

できるだけ避けるべきでしょう。

ということで一定の基準にのっとって、数値化できないものかなあと

思うわけです。

PP2011-2017_gr_sugamo.jpg
PP2011-2017_gr_touhou.jpg

きょうのところは、停滞というよりも

はっきり下降のように見えるこの男子校2校。

そうはいっても差があって、印象でどちらの学校がよりピンチ、

は一目瞭然ではありますが、

この2校の「勢い」の差を数値化できないものかと考えるわけです。

まずきょうのところは、ここまでのフォーマットで

推移を再現するにとどめて、明日の更新で2011-2017推移を測る

モノサシを提案してみることにします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 19:50:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。