FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
76位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2校比較では差のある要素を明確に
麻布と渋谷幕張の実績を比較する場合に、もっとも注目すべきは

「現役進学率」ということになるのではないかと思います。

ということでその要素を加味してみました→グラフの右サイド。

(麻布)
2PP2011-2017_gr_azabu12.jpg

(渋谷幕張)
2PP2011-2017_gr_shibumaku.jpg

-の年度は非公表です。

2016、2017年は現役進学率・非公表に戻ってしまったような麻布ですが、

これまでの他校のさまざまなアンケート例を基準に考えた場合、

その低さをコメントされたくないための非公表とキタシロは見ています。

そこを言い換えると現役進学率の高い低いに大きな価値を見出していない

ということでもあります。

人生80年?のうちの1年と考えれば、そこを論じてほしくない、

ということでしょうか。

ただそれを言うならば、現役進学率・現役合格実績は他のトップ校に劣っても、

過年度生の実績においては遜色がない、ことを証明すべきでしょう。

そして、過年度生の実績が突出していなくても、人生80年においては、

その部分は大きな意味を持たないことを納得させるべきです。

ということで現役進学率が30%台でも引け目を感じる必要がないのであれば、

非公表というのは矛盾と思います。

また聖光学院と栄光学園を比較する場合は、それぞれに山あり谷ありですから、

平均という概念も加わったほうがわかりやすいはずです。

(聖光学院)
Pave2011-2017_seikogakuin.jpg
(栄光学園)
Pave2011-2017_eikogakuen.jpg


こう表現すると、

7年間の平均では両校は国公立大では対等な実績ですが、

早慶上智では聖光学院が25ポイントも上回っていることがわかります。

平均値で25%は相当の数字です。

ちなみに前者の最高値と後者の最低値では60ポイント以上も

差があるとも言えます。

その背景には両校の現役進学率の差があることも読み取れます。

ただし、早慶上智実績では聖光学院が上、MARCH実績では栄光学園が上。

ここにも意味があるはずです。

かくしてチェックする場所が多くなりますが、

まずは2011-2017のベースとなるフォーマットを

PP2011-2017_gr_seikogakuin.jpg

こんな感じから始めてみよう、ということになりました。

さらにこれらに加える予定の複数の指標についても、

少しずつ紹介しながら進めます。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 17:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。