FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
89位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
同じ女子校でも志望大学選びにこうして差が出る…!?
女子校の現役進学率一覧もまさに見ればわかる!

といった感じですが、東大合格者や医学部志望者が多い

偏差値の高い学校ほど現役進学率は低くなっています。

それでも7割が現役進学…キタシロはそう思います。

そこが男子とは違います。

もしも二浪したらどうしよう、そうなるわけにはいかない…

70%というのはそういう危機感のある数字ではありません。

じっくり見なくても、

国立大学の合格指数が高い、難関私大の合格比率が高い学校ほど、

2017年の現役進学率が下がっていることがわかるでしょう。

(もちろん、例外的な学校もありますが)

強気受験を裏返すと、難易度を読み違えたということもできます。

また全滅ではなく最低限一学部、二学部は合格したのかもしれませんが、

やっぱり上位志望大学への思いを貫く、というモチベーションの高い生徒が

多いために現役進学率はダウンすると言えそうです。

そのいっぽうで…。

数字が伸びていない…前年のダウンがカバーできていない…

たとえば難関大合格比率の総合値の7年間推移の直近2年が

△▼にもかかわらず、現役進学率が上昇している学校が

あるようです。

これは第一志望大学に合格できなかったが、現役進学にこだわり、

妥協した結果の数字でしょうか。

たとえば田園調布学園は、2017年実績が7年間推移の順位で示すと、

国公立大、早慶上智、MARCHの順に4↓=6↑=5↓

大妻多摩は同じく7↓=6↑=6↑です。

6↑は最低値だった前年だけは、とりあえず上回った、ということになります。

安全運転の結果と受け取れます。

湘南白百合学園の場合は直近が△▼ではなく、△△ですが

7↓=4↑=7↓で2013~2015の貯金を一気に使い果たしました。

それで現役進学率90%です。

まさにあちらを立てればこちらが立たず状態。

さあ、強気で例年通り受験したら結果が伴わなかった、のと

慎重を期して滑り止めをしっかり用意したおかげで、

ほとんどの生徒が現役で進学できた、のとを

比較すれば、学費を支出する保護者の立場になれば、

「とりあえず現役進学」のほうがほっと胸をなでおろすので

と言えるかもしれません。

やはりこの部分も「校風」と言えそうです。

生徒の自主性を重んじると言いつつ、実質放任の学校と

面倒見がよく手取り足取りの学校と…。

長い目で見るとどうなんでしょうか。

というわけで女子校の特徴は

「はじめに現役進学ありき」の学校のほうが多いように

見えること。綿密な進路指導の結果、

進みたい大学よりも、受かる大学と

なっていないことを祈ります。

生徒たちの可能性の芽を摘む結果になっていないことを…

祈ります。

キタシロの主観で言わせていただければ、

さまざまな生徒、さまざまな志望大学とすれば、

女子でも現役進学率が82~85%のレンジであれば、

バランスの良い優秀な学校と思います。

だって現役進学率90%の集団の中で、

無謀なチャレンジをしようという個性は

否定されるでしょうからね。

(逆に男子校の現役進学率50%の集団の中では

チャレンジ当然となるわけですね)

80%の集団ならチャレンジも認めてもらえそうな気がします(笑)

ということで、この調子で「共学校」にも

触れておかないといけません。

でも「共学校」って、男女差のデータが

かなり不透明なので分析が難しいんですが、

不透明なりに比較はできるでしょう、きっと…。



※そうそう、同じ偏差値上位の埼玉の女子校でも

浦和明の星と淑徳与野ではかなり「校風」が違うって

突っ込んでおくべきでしたので、最後に付け足しておきましょう…。

★一覧表再掲
17027joshi_genneki.jpg


■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 14:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。