FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
学校選びはあくまでも慎重に
ここのところ、新進の共学校について、だいぶ突っ込んだ内容を

書きました。

ちょっと難解すぎたかもしれません。

まずは実際に出した進路実績と、そこに至るまでの過程を重視、

といったところではないでしょうか。

進路実績が伸び続けるというのはそう簡単なことではありません。

急加速で犠牲になるものもあります。

私立どうしの競争がある以上、他校のしないことをする、という

戦略もあるわけですが、それが想定通りの結果に結びつくかどうかは

何ともいえません。

むしろ想定通り進行しない学校のほうが多いようにも思います。

新しい学校ほど斬新さに期待が高まるいっぽうで

リスクもあるということを肝に銘じていただきたいと思います。

特に共学校では後発校がかなりアピールしています。

確かにトップクラスはどの学校も素晴らしい実績を残すような気がしています。

でも常に気になるのは中位層のパフォーマンスです。

学力にそこまで大きな差がなく、お互いを認め合える学校が

理想的だと思います。

中高6年間その学校で過ごすならなおさらです。

もちろん保護者からすれば、すべての学校が視野に入るわけではないでしょう。

でもしっかり情報を集めて比較しないと潜むリスクは見えてきません。

塾の成績を上げるのも大事なことかもしれませんが、

安直な学校選びをした結果は、あとで必ず本人に返ってきます。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 14:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。