FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どういう学校にしたいのかが「徐々に」見えてくる?
さて中高一貫校というと、中高6年間の一貫教育を行っている学校の

ことを指します。

ただし、中高一貫教育を行っていることと、

中高一貫教育も行っていることは微妙に異なります。

それはこのブログでも言い続けていることで、

どちらがその学校の主力か、ということです。

もちろん高校募集を行っていない学校を除けば、

「も行っている」ということになります。

このブログでも中学募集の不振が原因で、

中高募集のバランスを変えた学校について掘り下げたことが

ありました。

中学募集の定員不足を高校募集で補完し、生徒を確保した代わりに

進路実績は低迷している学校でした。

学校としては背に腹は代えられないと表現しました。

多くの学校は高校3年間よりも中高6年のほうが難関大合格者を

多く輩出できると考えているいっぽうで、

一貫生と高入生の実力差があまりに大きいとするなら、

それは好ましくない事実で、表面化させたくありません。

まあ最上位は東大合格でMARCH実績はそこそこというのが、

その学校の理想形だとするなら、オトナの事情も極まれり、と

いったところでしょう。

たぶんこの学校は共学化初年度(一貫1期生)の初速で

言うなら、過去3本指に入るレベルでした。

このとき卒業者数は57名。

少ないから高率だったのでしょうか?

もちろん学校は実数も伸ばしたいと思ったはずです。

卒業者数はそこから76名、122名と増加し、2017年は175名まで

増加しました。

難関大学合格者の実数では2017年は国公立大、MARCHで過去最高を

マークしました。

しかし、比率で見ると決して伸びてはおらず、停滞していると

言えそうな数字になっています。

着目したのは高入生。

2009年度中3生は48名で、卒業時は57名でしたから、

わずかに高入生が加わったことがわかります。

同じ年、中2生は75名で、卒業時は77名でしたから、

高入生が加わったとしても若干名のように見えます。

なぜこの点があいまいなのかといえば、

学校が高入生の数を非公表としているからです。

さらに学校回答を遡って読み返してみると、

2013年以降は内進生の人数も非公表としています。

それは中高一貫校にもかかわらず、内部進学率を

公表したくない理由があるからにほかなりません。

他校のアンケートを見ていくと、実は高1生に含まれる

内進生の人数を記載していない学校は少なくないのですが、

別に中学卒業生数、中学から併設高校への進学者数という

項目があり、人数を比較すると実態がわかります。

それらを明らかにしないためには、内進数を非公表と

しなければいけません。

すると、今度は前年度の在籍者数と比較するしかなくなります。

人数を公開していた2012年は中学卒業生97名のうち6名が

併設高校へ進学しませんでした。

転出の可能性もあるでしょうし、それらを含め他校を高校受験し直す

生徒もいるのでしょう。別に気になる数字ではありません。

この年は内進生91名に対し、高入生は41名でした。

1期生に比べると高入生がかなり増加したことがわかります。

41名が加わった3期生、進路実績は前2年には迫ったものの、

自己ベストの更新は果たせませんでした。

併設高校へ進学しない中には

いわゆる「肩たたき」もあるのでしょう。

単に成績不振者もいれば、入学後うまく適応できない生徒もいるかもしれません。

また広い意味で学校に満足できない生徒はいるものです。

学校によっては自校より高校入試の偏差値が高い学校を

受験し直す生徒の進学校をアンケート回答するケースさえあります。

高校進学時に「外部受験制度」を持っている学校さえあるようですから、

別に数字を隠す必要はないのです。

成績不振者か上位校受け直しかの内訳はアンケートなどでは判明しません。

それでも内進生の数は公表せず、高入生の数は増えていく。

2018年の高校募集定員は75名とのことです。

2015年の中3生は106名、2016年の高1生は178名ですから、

併設高校へ進学しない数は不明なものの、高入生の数は

過去最大となったようです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 15:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。