FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
結果偏差値の「最高」と「最低」
進路実績が出ていない急上昇校の評価を

結果偏差値で判断するのはいかがなものかとは

思うのですが、

すでに実績が出ている学校との偏差値推移を

比較してみると一定のラインは読めるかもしれません。

そうは言ってもあくまで、その偏差値なら進路実績は

このぐらい欲しいという目安に過ぎないわけですが。

ただそこでダマされてはいけないのが、

その学校の上位クラス、もしくは特待レベルの偏差値で

全体レベルをイメージしてはいけないということです。

いくら特待レベルが高くてもそれは全体のごく一部ですし、

合格して入学する受験生もごく一部なのです。

こうして見ていくと、二段階、三段階選抜方式による

スライド合格を採用している学校の場合、

MAXの偏差値だけに注目すると、全体レベルを読み違えることに

なります。最高値と最低値がどれだけ開いているか、

学年ごとのクラス構成がどうなっているかに着目すべきでしょう。

会場テスト各社の偏差値表でも市販の受験情報誌でも同様ですが、

意識していないと最高値だけで判断しがちです。

かつて自分がかかわっていた受験情報誌でも、

誌面のスペースの都合上、日程の早い順と受験生が多い順の兼ね合いを

見ながら偏差値を掲載していましたが、

これ、学校の立場から言えば、偏差値が高い順に載っていたほうが、

上位生が集まるので、そう望むというわけです。

そういった意味で、入試の形式を工夫すれば、

意図的に高い偏差値を演出することは可能、ということになります。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 17:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。