FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
72位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そんなに高い期待値で大丈夫???
例によって、順序を追って説明しようとして、

結論?までが長くなってしまいました。

学校が大きな改革、大きな決断をしようとすると、

必要以上に力が入るものです。

どちらかというよ自然体で改善を続けている学校に比べて、

どうしても無理をしている印象が強くなります。

生徒個人個人で見た場合、学校が合わなかった…という嘆きにも

つながるわけですが、こうして初速を出そうと意気込んでいる学校では

なくても、「学校が合わない」現象は起こりますから、急伸校のリスクを

ことさらに大げさに語るべきではないと思います。

さて、

2012年に中学を新設スタートの八王子学園八王子。

2014年に男子校から共学化。中学共学スタートの安田学園。

2015年に女子校から共学化。「校名変更」で高校募集なしの開智日本橋学園。

同じく2015年に女子校から共学化。「校名変更」で高校募集を途中で停止した

三田国際学園。

すでに書きましたが、共学進学校がまだ結果が出ていない状況で4校が

並行して募集を続け、5000名に迫る「延べ」受験者数を集めている状況は

過去に例がないと思われます。

過去に例がない先物買いの状況といえるでしょう。

東京の中学募集校の5%、共学募集校の12%の受験生が

このわずか4校に集まっているということになります。

通常であれば、中高一貫1期生の実績を確認した受験生が

動くのは募集開始の7年後。

学校としてはこの期間が勝負であり、少なくとも最初の7年間は

進路実績が伸び続ける、もしくは初速で稼いでも、そのままを

しっかりキープする、そういう展開を予想します。

ところが、2017年の結果偏差値を見て、「むむむ?」と

なったわけです。

八王子学園八王子が最高55=2/1PM東大医進(前年比+1)…ほかは結果偏差値算出されず

安田学園が最高63=2/1先進特待(前年比+6)、最低47=一般2/3(前年比-2)

開智日本橋学園が最高60=2/1PM特待生選考(前年比+7)、最低51=2/1適正検査型(前年比+5)

三田国際学園が最高64=2/4インター(前年比+5)・最低59=2/1本科(前年比+5)

※すべて数値は首都圏模試センター



1期生の実績まで時間がある学校ほど、

先物買いが激しくなっています。

そして最高と最低の幅にも注目です。

もちろんこれは現在の校内の「進行状況」が

伝わって人気にも差が出始めたとも言えるのですが、

最初の結果まで時間がある学校ほど、

先物買いが過熱しているということも言えるわけです。

なぜこのような現象が起こっているのか?

もちろん、学校の教育内容が保護者に支持された

結果なのかもしれませんが、

入試結果と見比べて

これ偏差値がコントロールされてませんか?

と直感したということです。

もちろん半信半疑です。

ただ言えるのは偏差値が出るように

入試を実施したほうが、上位生の関心を

ひきやすい、ということでしょう。

心配なのはその効果が出過ぎた場合。

このブログもどの学校の話を書いたかで

PVが激しく上下します。

常に人気校にしか興味がない、急伸校フォロワーが

中学受験界には多数潜在しています。

ひとにぎりの東大○名合格よりも、

平均値としての実績はどうなのか、に

注意をはらうべきだと思いますが

わが子はきっとその「ひとにぎり」と思いたい

のかもしれません。

どの学校も初年度から高い確率で

「東大合格」を出すでしょう。

場合によっては複数名出すかもしれません。

ただしデータが物語るのは、

共学化中高一貫1期生の難関大合格比率が

国公立大10%、早慶上智20%を共に越え、

なおかつ最新実績で1期生実績を上回っている

学校は過去にありません。

以前ここで紹介したように、

初速の出過ぎ、無理しすぎ?で

息が続かなかった例も少なくないのです。

さあ、どこまで期待するか、です。

先物買いの感想はほぼもれなく、

あの偏差値で、その実績?ということですからね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 15:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。