FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
89位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2018年からは待望の開智日本橋学園高校スタート!
開智日本橋学園。

2015年に共学化して校名を変更した

開智学園系列の学校です。

開智学園は2011年に埼玉県加須市に

開智未来中高(共学)をゼロから新設。

その4年後に女子校の旧・日本橋女学館を傘下に

収めました。

当初は日本橋女学館が共学化したのかと

思いましたが、共学になったのは中学募集のみ。

中高一貫の共学化1期生が高1に進級する時点で

日本橋女学館高校は閉校になり、晴れて開智日本橋学園中高となるわけです。

それまでは便宜上、開智日本橋学園中学校・日本橋女学館高校という

名称の一貫校。何だかややこしい。

記憶に残る中でやや似たような例では、

都立九段高校が千代田区立九段中等教育学校になるにあたり、

都立高としての最終募集の次の学年から、区立中等教育学校の1期生が

後期課程に進級するまで2年のブランクが生じるため、

千代田区立九段中学の中2、中3へ編入生を募り、中等教育学校から

卒業させるという事例がありました。

残念なことにこの2年間の編入生は、九段中等教育学校の1期生、2期生

として進路実績が公表されませんでした。

当時都立高事情に詳しい方から聞いた話では、この編入条件(千代田区在住など)

を満たすための方策が、いろいろ噂されていたようですが、結果として

中等教育学校で6年間学んだ生徒とそうでない生徒の間には大きな学力差があり、

転入生の中には高校進学時に別の高校を受験するように勧められた例もあったのだとか。

都立の中等教育学校ではそういったケースはなく、2学年空白のまま進行したはずです。

日本橋女学館は中学募集もしていたために、女子募集の最終学年が高校進学するまでは

日本橋女学館高校として女子募集が続きました。

こうした理由によって旧校名を残す例は珍しく、女子校としての中学募集生が

全員卒業するまでは同じ校舎に2つの学校が存在する状況は5年間続くことになります。

もちろんどの時点で新しく生まれ変わったかという認識の問題だけのような

気がしますが、この学校の場合、線引きが独特でした。

こうしていったん高校の在籍人数は減り、中学の在籍人数は増えます。

2017年の高校卒業者数は117名。2013年には63名まで減少していたところ、

高校入試をだいぶ頑張った様子がうかがえますが、2018年の卒業者数は

再び100名を割り込みます。

そのいっぽうで2014年の中学入学者数(女子)は39名。

共学化以降、135名、197名と急増。

2017年の中学募集定員は130名ですから、かなりの勢いです。

2015年度の中高6学年計の生徒数は528名。

募集に苦労していた女子校でこの数字だったわけですから

高校募集のない完全中高一貫で1学年130名×6なら、

もう見込みは立っている感じです。

こうなると2021年に1期生が卒業するまでに、

いかに中学入試の段階でいかに上位生を取り込むかという

広報活動に集中できます。

つまり校名を途中で切り替えたことにより、

前身校の進路実績は比較の対象にならない、という

メリットもあったわけです。

目指す形態が完全中高一貫と明確であれば、

その部分も中学受験の保護者には追い風になります。

なかなか練られた戦略です。

そしてクラス編成。

GLC、DLC、LC、ACという4ラインですが、これが

単純に成績順とならないように価値創出できるか

どうか。スライド合格を多用して、いわゆる

一般クラスに集約するようでは、のちのちの進路実績の

伸びに影響するでしょう。そのあたりの差別化は

学校としての勝負どころです。

それにしても、先手必勝。1期生、2期生の

募集定員オーバーの入学状況は、4期生、5期生以降で

合格者絞り込み、難易度上昇、上位生取り込みへと

順調に連鎖していくでしょう。

もちろん1期生卒業までまだ3年半もあり、

今後の不安点がまったくないわけではありませんが、

開智のブランド力で越えられる一定ラインも

読めるはず、そんな気がします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

中学入試改革のホンネ | 14:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。