FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進学校に変貌するための痛み
多くの場合は、記事タイトルに校名を含めるのは

避けるようにしています。

ネットの特性上、安易に検索にかかる可能性が高いからです。

一般的にブログでは検索確率の高いワードを

タグ等に散りばめたほうが、PVは上がるのでしょうが、

その学校に対しての評価が100%の正解と言い切れるケースは

ブログ主が思うほどに多くないので、自重する部分もあるわけです。

広尾学園に関しては、当初かなり懐疑的な評価が

周囲にあったことは事実です。

進路実績を産み出すための痛みも人知れずあることは

想像にかたくありません。

ある年の授業参観で欠席生徒の机の上に

小テストの提出記録カードが置かれていたことがありました。

オモテ面が見えるように置かれていて、

「こんなに欠席しては追いつくのは大変」というような

メッセージのようにも思いました。

まあ感じ方は人それぞれです。

該当教科の教員スタッフは毎年センター試験の

正解率をチェックされるという噂話もありました。

実際の出題をリアルタイムで把握していることは

プロとして当然ではあるでしょうが、受験生同様に

毎年解く、という話が表面に出てくることは

それなりの背景があるのだと思います。

肯定するでも否定するでもないのですが、

学校としてそういった奮闘があってこその

進路結果なのでしょう。

これを

「なんだか進学塾みたいな学校」

と断じてしまうのは安易だと思います。

いま、多くの学校が広尾学園フォロワーと

化しているような気がしています。

女子校・男子校から共学化した学校のすべてとは

言いませんが、広尾学園のように共学の進学校に

なりたい、と思っている学校は少なくないと

思います。

今後、何年かにわたって少しずつ、その取り組みの

結果が、進路実績として公開されていくことでしょう。

このブログでひとつ断言しておきたいのは

一定の実績が出ていない学校に期待するのは

間違いのもと、ということです。

確かに実績が出てしまったあとでは、必要以上に偏差値が上がります。

偏差値が上がる前に先取りしておこうという受験生の心理も

あるでしょう。

でも想定通りにならないことが実に多いのです。

この「一定の実績」についてはまたの機会で触れたいと思います。

中学受験はギャンブルではありません。

たとえ的中率20%、30%でも、先物買いに賭けてみたいのであれば、

受験は自由です。

会場テストの偏差値が伸びないから、ギャンブルに走るぐらいなら、

いっそのこと受験しないほうがいいかもしれません。

まずは広報上の「看板倒れ」のリスクはしっかり意識したところで

受験校は決定すべきでしょう。

とにかく新進の共学校も実績が出ていないうちは、リスクのほうを

強く感じるばかり、です。

繰り返しになりますが、広尾学園も共学化高入生初年度は

不本意実績でアンケート非回答。「滑ったな」という印象だったのですから。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 12:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する