FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
496位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
90位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学校改革…気づいたときには「時すでに遅し」?
その学校の魅力が伝わり、中学であれ、高校であれ、

望む学力レベルの受験生が集まるのであれば、それは学校に

とっても幸せなことでしょう。

しかし、失速は突然にやってきます。

進路実績と募集状況が相関しながら、突然にやってきます。

前回の記事で取り上げた最初の学校は、割とのんびりしていて、

中学募集で足りなかったぶんを高校で補えばよい、と

余裕をもって構えているような印象です。

偏差値の上では目立ちませんが、

MARCH実績も2013、2014年と続けて更新し、

2016年も自己ベストに近い数字で、学校としても上向きを

信じていたのでしょう。

ただ、学校のロケーションも含め、規模の小さい学校の場合は、

振れ幅が大きいという特性を自身がしっかりつかんでいなかった

のかもしれません。

校長先生も公立の進学校で長く経験を積んでいて、

そうした私立中高一貫校の特殊な立ち位置、強み弱みを

把握していなかったのかもしれません。

ふと某ポータルサイトを覗いたら、否定的な書き込みに対して

倍率を下げようとする一部の受験生のネガティブキャンペーンだ、

などという(学校支持者の)陳腐な反論もあり、驚きました。

6回の入試で総受験者数500名前後。倍率は2倍を切る入試ですから、

そこに客観的視点が不足していることがわかります。

まずは地元の志望者に対していかに満足度を上げていくかが

焦点だと思いますが、公立中に進学するよりはまし、

程度の魅力では、6年間の学費に見合わないと

考える保護者のほうが多いでしょう。



紹介した2番めの学校は、高校募集を行わず、

学年7クラスと規模が比較的大きな学校です。

進路実績伸び悩みを受けて(?)、上位生をより伸ばす

クラス編成に変更したところ、受験者数が激減しました。

そこで、次回入試から入試日程を募集クラスごとに

分割するようです。

いままでその学校に魅力を感じていなかった層が反応して

くれれば入試改革は成功、のようですが、

従来層がさらに減少したり、レベルダウンするリスクを

併せ持つわけです。

学校の意図がわかりにくかっただけならよいのですが、

クラス編成そのものが不支持なのであれば、

非常にまずいことになります。

一般クラスと上位クラスでは異なる時間割になり

上位クラスが週あたり英数が各1時間多い設定とありますが、

東京の私立全体を見渡しても、週あたりの授業時間数(の多さ)と

進路実績の相関はほとんど見られません。

それよりも、授業週数や少人数クラス、教科ごとの

きめ細かな習熟度別編成などを含めて、質の面で

状況を改善することは不可能ではないと思うのです。

伝統校の平等性や校内の結束を犠牲にしてまで、

差別化するのは得策でしょうか。

そしてその差別化の印象を薄めるために、

両クラスを凝ったネーミングにしている矛盾…。



<進路実績が停滞している> → <中学募集に影響が出始めた>

ここで多くの学校がとる施策は

●高校募集をしている場合は

<高入生で減少を補完する>

●高校募集をしていない場合は

<今よりも難関大学に受かりそうな魅力的なクラス編成にする>

のようですが、

長い目で見てどちらも特効薬とは言えません。

<中学募集に影響が出始めた>原因が

<進路実績の停滞>ではないと言い切れれば別ですが、

「進路実績が伸びても、どうしても生徒が集まらない」

とか

「難易度が上がりすぎて、受験する生徒がいない」

などの事象が存在しない以上、

いまいる生徒を大切に伸ばせない学校に、

将来を期待できない、と思うわけです。

そういえば、かつて進路実績の不振を生徒たちの

入学時の偏差値に原因を求めた校長がいました。

その先生が校長として移られた先の学校(すでに退任)

もいま大変なことになっています。

少子化が叫ばれる中、1都3県はまだ小学生が多いほうですが、

見渡して思うのは10年、20年先を見据えて魅力ある学校として

真剣に生き残ろうとしている私立中高一貫校は

決して多くはないということです。

まあ、本ブログを読んでいただけていれば、

チェックポイントがいくつかに絞られていることが

わかると思いますが…。

自分も十年前は、ここまで二極化に歯止めがかからない

とは予想しませんでした。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 15:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する