FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中学募集・高校募集の悪循環はやはり進路実績
昨日の記事を書く過程で城北埼玉の学校サイトを見ていて

気になることがありました。

高校募集要項に募集定員280名とあるのです。

そして「ただし内部進学者を含む」とあります。

各年度の内部進学者数は予め予測がたちますから

その年度は何名高校募集をするか明記することは可能だと

思うのですが、年度によって流動することは印象が悪いと

思うのか、高校の学年定員だけを表記しています。

数字だけで判断すると2018年度の内部進学者は約140名の予定

ですから高校募集も同数の140名という可能性があります。

2015年以降(卒業生に占める)高入生比率は

26.7%、28.9%、33.5%と上昇していて

2018年卒業生では40%を超える見込みです。

徐々に一貫生・高入生のバランスが変わってきています。

進路実績の低迷の主要因が高入生であるなら、

単なる人数確保では実績下降にブレーキがかからないことは

容易に推測できます。

さらに言うなら2019年度の内部進学者数は前年より減少する

見込みですから、クラス編成やカリキュラムにも影響が出ることは

必至です。

高校入試では高い出願条件を満たしているとはいえ、

第一志望の公立不合格者が確約制度で入学しているわけで、

他の私立高に対してもしっかり優位を保たなければ、

思うように高入生を集めることはできないはずです。

学校サイトのこんな微細な内容からも

悪循環が透けて見えるようです。

それにしても進路実績&生徒募集が不調な各学校の

サイトを見ていくと、さもありなんというケースが

目立ちます。

このブログもこのところは

ほぼ進学校TOP100とその予備軍

という限られた範囲で語っていますから、

まだ巻き返せるレベルと思える学校も多いように

思うのですが、だんだんそれも見極めが甘いような

気がしてきました。

明日はこの流れで現時点で最新進路実績未更新の

ある共学校と女子校について続けます。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 11:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する