FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

競争しない→危機感がないというケース
きょう取り上げる学校は、クラス別募集をしていません。

その点では一貫生にとって常に競争に晒されるストレスは

ないのかもしれません。

この学校が中学を新設して1期生が卒業したのは2008年。

ところが2008年以降、難関大合格実績で自己ベストを更新したのは、

国公立大1回、早慶上智1回のみ。

2011~2017年の7年間推移では国公立大・早慶上智・MARCHの

順位が7↓=6↑=7↓。

早慶上智が6↑ですから、2016年は最低値だったことがわかります。

それでも上昇度はわずかにコンマ2ポイント。

この推移を見て、長い間「一貫生を伸ばしていない」と思っていました。

校名は埼玉の男子校・城北埼玉です。

手元に中高一貫生を含まない2000年のデータがありました。

国公立大・早慶上智・MARCHの合格者数/卒業生の%は

20.6%、30.1%、80.1%。

2017年は

6.1%、13.4%、40.5%。

これでは一貫生が伸びてない、と思いますよねえ。

この学校、2011年以降東大合格者が延べ8名出ていますが、

すべて一貫生。

実績ダウンの主要因は高入生の低迷です。

特に2013~2015年の落ち込みは顕著でした。

一貫生・高入生の混合は基本的に高3から。

私立文系、国立文系、理系選抜クラスは混合。

理系普通クラスは混合しない、とあります。

上位クラスを混合するわけでも、一般クラスを混合する

わけでもなさそうです。

意図がよくわかりませんが、高校入試結果も

学校サイトにアップされているので確認してみると、

すべて併願入試で出願の条件を満たしている受験生は

当日の筆記試験にかかわらず全員合格しています。

進路の結果が出ていない中で、この現状を継続していく

とすれば、間接的に一貫生をしっかり伸ばそうとしていない

ということにもつながる気がします。

2016年の中学・高校入学者数は前年より減少。

十分な合格者数に対してその結果は、

受験生の志望順位は静かに静かに下降している

ということでしょう。

しかしながら、中高とも次年度入試の変更は

特に表明されていないようです。

いっぽうで学校サイトの進路実績のページには

国立大学医学部に3名合格!となかなか勢いのある文字が

躍ります。MARCH合格者数も創立以来100名以上を

維持しているという表現もあります。

1997年以来の最低合格率にもめげないあたりが

この学校の現状認識なのでしょうか。

進学校TOP100の中にも「止まらない」学校はあるようです。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 11:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する