FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

急きょ「知らない」学校を受験するリスク!
ここまでの当ブログのテーマ展開を考えるとスムーズじゃない気もしますが、

まあ、忘れないうちに書いておきます。

大まかには「保護者の覚悟」の流れです。

過度に期待しても無料ブログと検索ロボットの相性が良くないので、

狙って校名を書くことはしませんが、固有名詞がなくても文脈から特定できるはずなので、

読み手の方々のスキルに期待します。

とりわけ中学受験において、「ストレートに答えを書かんかい!」という

スタンスの保護者の方が多いとすれば、嘆かわしいことです。

全然興味がない、知りたくない読み手に「この学校はこうなんだ」と

必要以上に擦り込むことはすべきでないと思います。

はい、前置き終わり。

十年ちょっと前に中学募集を開始した神奈川県の男子校です。

もうこれでバレバレでしょう。

当時の入試広報の先生が、中学募集を開始した数年後にこんなことを言いました。

「ホンネを言えば、受験生は集まるけれど、午後入試はやりたくないんだよね」

え?まだ中高一貫一期生も卒業していないのに、それ言うか、と思いました。

くわしく聞くと

「午後入試の受験生の中には説明会なんか全然来ていない保護者が多くて、

合格して入学手続き寸前にどんな学校ですか?と質問してくるんでショックですよ」

そういえば、この学校は当時から一貫して海外研修はアジアに目を向けていました。

もうそれが中学開設時からのコンセプトでもあるようで、ブレません。

いまHPを見ると(中学のうちに)「北京へ行く」を書いてあります。

中国をはじめとしてアジアの国々はタイミングによっては、

反日感情だったり、鳥インフルエンザだったり、最近はPM2.5だったり、

いろいろ「行って心配になる」ニュースが流れることがしばしばです。

それを「海外研修がアジアとは入学前に知らなかった。うちの子は行かせない!」

という保護者がいたそうです。その入試広報の先生の話は、

ただ受験者数を稼いで入試を活性化するだけでは、本来目指している教育目標は

達成できない、というように伝わってきました。

いまから思えば、硬派な主張です。

そして進路実績は中高一貫の一期生が卒業してトップ100に急速に迫りましたが、

そこで停滞し、手もとの資料では公立一貫を除いて110位に位置しています。

プールがある学校に行きたくない、という受験生がいて、

海外研修が中国なので自重しておく、という受験生がいるのかもしれません。

でも、こうしてコンセプトを曲げない頑固さにこそ、

私学の価値があるのだと思うのです。

とりあえず、進路実績の停滞は高入生との学力バランスに原因があるのではないでしょうか?

2015年4月の高入生比率は29.2%。一貫生主体に移行中、とも読み取れる数字ですね。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「中高一貫の深層をもっと!」という方は応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する