FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

自らのネーミングに学校自身が苦しむ?
学校規模はどうあれ、中学受験するのであれば、

中高一貫生がだいじにされている学校を選ぶべきでしょう。

中学入試の時点で2ラインの募集で進行し、

上位クラスが高入生の上位ラインと混合、一貫生の一般クラスは混合せず、

一貫生のみで構成となれば、学校の意図はどこにあるでしょうか。

一貫生の上位クラスと高入生の上位クラスを混合して

切磋琢磨を期待するように思えます。

きょうの題材の学校は埼玉県の共学校・西武学園文理です。

一貫生と高入生の実績比較で言えば、年度によってバラツキは

多少あるものの、ほぼ一貫生が優位で推移している学校です。

2013年卒業生までは一貫生と高入生はまったく別クラスで進行して

いましたが、2012年から高入生の「エリート選抜・東大クラス」を

一貫生の「特別選抜クラス」と高2で混合するスタイルになりました。

高入生の「エリート選抜・東大クラス」は入学時1クラス相当、

一貫生の「特別選抜クラス」は2クラス相当ですから、

高校の学年全体から見れば混合クラスは4分の1程度、

一貫生から見れば3分の1程度と少数派に当たります。

進路実績の推移を見てみると、

たしかに混合初年度にあたる2014年実績はMARCHで自己ベスト、

国公立大実績も過去11年で2位の実績でした。

ただ2015年以降は進路実績は下降、

2011~2017年の7年間推移では国公立大・早慶上智・MARCHの

順位が7↓=7↓=7↓。2017年は

過去11年で見て3カテゴリーとも最低の数字に終わりました。

一貫生・高入生混合の効果うんぬんより、全体の低調さが

まさってしまった印象です。

こうした推移の中で一貫生・高入生のそれぞれの一部を混合した

理由を考えてみましたが、キタシロ見解はこうでした。

2013年の東大合格者は4名(うち一貫生3名)、2014年以降は

3年連続1名でした。

高2以降を「エリート選抜・東大クラス」とまとめておけば、

一貫生・高入生にかかわらず、このクラスから東大合格者が出た、と

言うことができるからなのでは?ということです。

しかし残念ながら2017年は東大合格はなかったようです。

こうした上位クラスのネーミングは学校側にもプレッシャーだと

思いますが、合格1名である時点ですでに綱渡りです。

東大クラスからは何人合格者が出ているの?

と誰しも思うでしょう。

3クラス100人弱で1人では看板倒れと言わざるを得ません。

そんな西武学園文理も2004年以前は受験者数で埼玉1位。

栄東よりも多くの受験生を集めていた時代もあったのです。

進路実績のピークは2007年ですから、まさにそのあたりが

黄金時代だったと言えるかもしれません。

「エリート選抜・東大クラス」というストレートなネーミングにも

感心しますが、それ以外の一貫生・高入生のボトムアップが

あってこそ、3年後・6年後(厳密には4年後・7年後)の

生徒募集に循環すると言えます。必ずしも学校が

東大合格者が増える→入試で上位生が集まる

と単純に考えていたわけではないと思いますが、

全体実績の低迷だけでなく、最上位クラスが有名無実化しまう

ダメージは大きいのではないでしょうか。

さて、最新の進路実績について

学校サイトでは国立大医学部合格!と大きくうたっています。

私立大学の医学部医学科は18名合格だそうです!

このページから受ける印象と実際の数字のギャップに

愕然とするのは、もしかしたらごく一部の関係者だけなのかもしれません。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 11:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する