FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

結果を出し続ければ、それは正義になるか?PART-1
数ある学校の中には非常に特殊な例もあります。

その学校で一貫生、高入生そしてクラス別募集の募集の

実績バランスを同時に見てみたいと思います。

女子校から共学に募集変更し、進路実績という結果が

早急にほしい。

まあそれは正直なところでしょう。

共学化1期生卒業年度。

卒業者数377名。国公立大20大、早慶上智、MARCHの

合格比率は2.4%、5.0%、14.1%。

早慶上智とMARCHはそれでも自己ベスト更新。

まずは上昇の兆しです。

この年の377名の内訳は特選65名、特進107名、進学169名、女子部36名。

最上位クラスの特選の数字は10.7%、20.0%、52.3%。

進学クラスの数字は0.5%、1.7%、2.9%。

かなり無理したスタートでした。

異例なのはこの学校、クラス別合格者数を毎年欠かさず公表し続けたことです。

翌年は進学コースの募集はなく卒業生数は

特選37名、特進72名、女子部37名で146名。

上位クラスの特選の数字は13.5%、18.9%、48.6%。

特進クラスの数字は2.8%、2.8%、16.7%。

2年目もまだまだ大差です。

そして3年め。卒業者数は91名に減少。

その理由は女子部69名を集計に含めなかったからです。

ここで女子部を含めると実績の伸びが怪しくなります。

その結果、

上位クラスの特選の数字は11.7%、88.2%、132.3%。

特進クラスの数字は5.2%、14.0%、82.4%。

若干差が縮まりました。

特選の数字をこのまま受け取ると母数が少ないとはいえ、

なかなかに凄い数字です。

3年間で高入生実績を一気に伸ばしたかのように見えます。

そして4年め。

編集部からのアンケートには女子部募集の最終学年18名の

数字は含まれていませんが、学校サイトには

内訳が公表されています。

この年は期待の中高一貫の共学化1期生も加わりました。

一貫特選の数字は、13.6%、15.1%、134.8%。

高入特選の数字は、17.9%、20.5%、166.7%。

一貫特進の数字は、0.0%、0.0%、40.0%。

女子部の数字は、0.0%、11.1%、16,7%。

ちなみに人数内訳はそれぞれ順に66名、35名、39名、18名。

高入生の高い実績から一貫生の数字に期待を抱きましたが

どうでしょうか。

長くなりそうので一度切りますが、

高入生>一貫生という傾向以外にも

着目点が複数あります。

この異例な数字にこそ、学校のホンネが透けて見えて

います。

校名についても次回明かします。

ブログで取り上げるのは初めてじゃないので

わかる人にはわかりますね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 13:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する