FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一貫生と高入生、混合する、しない
高校募集の有無と中高募集のバランスを見たときに

その学校がどういったスタイルを目指しているのかという

ことがわかります。

中高でそれぞれで募集をして、一貫生も高入生も実力が拮抗している

のは確かに理想像ですが、流動する情勢のなかで、

双方を均等に伸ばすのは至難の業です。

総合値が拮抗していても、高入生はMARCHで高く、

一貫生は国公立・早慶上智で高いというのはよくあるケースです。

そうした場合に高校でのクラス編成をどうするか、に

その学校の中高一貫教育に対するこだわりの姿勢があらわれます。

シンプルに言えば、一貫生と高入生を混合クラスにするかどうか。

高1時点で学力拮抗がはっきりしていれば、いきなり混合でも

かまわないでしょう。

ただし、それは授業の進度が同じ場合に限ります。

中学で少しでも高校の先取りをしているような場合では、

高入生は入学直後からいきなりついていけないリスクが生じてしまいます。

一貫生・高入生を混合する学校でも最低1年間は進度の調整を

するケースが多いようです。

混合のメリットとしては、3年前に入試のストレスと決別している

一貫生に、入試と言う競争を潜り抜けてきた高入生が良い意味でも

刺激を与えるということが言われます。

しかしながら、これも学力が拮抗していなければ、一貫生には刺激として

作用しません。

高校でのクラス編成のスタイルはそれぞれの学校の事情で

実に多岐にわたります。

わかりにくいとは思いますが言葉で表すと以下のようになります。

●高1からすべて混合する

●3年間まったく混合しない

●高2からすべて混合する

●高3からすべて混合する

●高1から一部を混合する

●高2から一部を混合する

●高3から一部を混合する

どの場合も、そのスタイルで最大限の成果が残せているかどうか

が重要です。

ここまでのブログ記事でもわかるように、

学校の募集事情には経年変化が起こります。

ですから高校でのクラス編成も固定ではありません。

実状にあわせて臨機応変に変えていくべきでしょう。

もし進路実績そのものに強い関心がないのであれば、

内的変化も起こりにくい学校ということになります。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 13:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する