FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中高募集のバランス…わずかの差が数年で大差になった例
さて、中学受験と高校受験。流動的なのはどちらでしょうか。

間違いなく前者です。

高校受験はほんの一部の学校を除き、第一志望:公立、

併願校:私立というケースが主流ですから、

公立私立の定員比率が固定されている限り、

私立高校にも安定して生徒供給がされるわけです。

あくまでもその「序列」の中で、進路実績その他で

アピールしてより人気校を目指すということになります。

中学受験の場合は、高校受験の場合よりも、進路実績に

注目する保護者の比率も高く、人気不人気が受験者数の増減に

顕著に表れるということになります。

高校募集をしない完全中高一貫校では、6年間の一貫カリキュラムが

着実に結果を出している間は心配に及びませんが、

停滞が続くと高校募集で補完できないぶん、進路実績失速の

可能性も高くなります。

そのため、高校募集をしない完全中高一貫校であっても二極化の傾向が

出ていると見ます。

つまり高校募集のある学校のほうが完全一貫校に比べると

下げ止まりの期待感があるわけです。

私立高校の入試結果はさまざまな要因があり、募集定員と

入学者数がきっちりリンクするとは言えませんが、

中高募集の学校で進路実績が上位の学校は少なくとも

募集定員の段階では中学募集数のほうが多いケースが

一般的のようです。

例として挙げたいのは東京の共学校・東京農大第一。

順調に進路実績を伸ばしている学校のひとつです。

高入生の進路実績も一貫生に引っ張られて

なかなか健闘しているように見受けます。

中等部開設が05年で1期生卒業が11年ですが、

06年には卒業者数が649名でした。

中等部開設と並行して高校募集数を調整していき、

15年には一貫生5クラス高入生5クラスという安定した体制になりました。

高校の卒業者数は17年3月で344名と学年規模はかつての半分になりましたが、

当初のビジョン通りのバランスで進行しています。

これとは対照的に東京の女子校・東京純心女子では、

09年には午後入試導入などで2010年には545名の受験者数でしたが、

近3年では連続して減少し17年入試では200名を割り込み、166名。

高入生数は2011~2013年は1桁でしたが、14年は26名、15年は36名と

徐々に増加。2017年は募集要項上は中学75名、高校90名と

すっかり中高の募集バランスが変わってしまいました。

過去にも完全中高一貫だった学校が高校募集を再開するケースは

ありましたが、そこから盛り返すのはかなり難しいというのが

正直なところです。

15年には早慶上智20%、MARCH50%あった数字が、

高入生が増えたのとときを同じくして半減では、中学募集に

さらに影響が出てしまうのも無理はないでしょう。

対照的なこの2校、中高入試のバランスが進路実績と

リンクしている好例のように思います。

そもそも実際2007-2013年の難関大合格の7年間平均値では、

東京純心女子のほうが東京農大第一よりも上位でした。

そこからわずか4年、という話です。

そして2017年単年の数字では前者が後者の軽く3倍

といえるまでの実績差になっています。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 14:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する