FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

その学校を「中学で」受験する理由
ここまで受験校を選ぶときに、進路実績が停滞している学校より

上昇している学校を意識したほうがいい、という一般論を書いています。

複数ある受験候補の中から、相対的にどっちがベターかという

判断のヒントになれば、と考えて学校のピックアップをしています。

どの学校も自らは進路指導が順調のように語ります。

実際にはその推移にはかなりの学校差があるわけです。

確かに進路実績推移が

伸びている、安定している、停滞している、劣化している

のどれに分類されるかにとらわれ過ぎても本質が見えなくなる

と感じています。

個々の学校事情をふまえて、年度ごとの結果を客観的に

判断したいところです。



進路実績の伸びが評価され、入試が人気になり、難易度が上がり、

より高いレベルの受験生が集まるという好循環により、

進路実績の伸びが継続する。

このパターンが最強ですが、そんな成功例は多くありません。

特に中高両方で募集している学校であれば、

それぞれの入試事情があり、話は簡単ではありません。

進路実績への貢献度が一貫生・高入生で均等というのは

あくまで理想ですが、多くの場合その内訳は表面化しません。

高入生が優秀であれば、それを中学入試に活かし、

その逆も学校が意図するところでしょう。

結局は中高運営のビジョンの問題になります。

進路実績の推移では順調のように見えても、

意外と一貫生を伸ばし切れていない学校も多いようです。

中高一貫の成果が十分にあがっている学校を見極めるには

こうしたデータの細部にも関心を持つべきだと思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:50:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する