FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一貫生、高入生どちらを先に伸ばす?(32校め)
2011-2017と2017単年実績のギャップ(+)が大きい学校の第10位を

紹介しておきます。

東京の共学校・淑徳です。

7年間推移の「順位」で見ると、2017年春の

国公立大・早慶上智・MARCHの順位は

2↑=2↑=3↑

この学校も着実に実績をあげています。

昨日紹介した三輪田学園よりは上位です。

それでもトップ100まではもう少し時間がかかると

思われますが、このゾーンで上向きのベクトルの

学校は少ないので目立つ存在ではあります。

難関私大合格が逆風のなかで、3カテゴリーとも前年より

伸ばしていることで健闘ぶりが伝わります。

2007年以降、MARCH実績は9年間で8回のベスト更新。

2015年には3カテゴリーで自己ベストでした。

ただこの間、実績上昇に貢献していたのはおもに高入生の存在で

早慶上智・国公立大実績の急上昇までには結びつきませんでした。

ちょうど2012年の中学入試から、それまでの「スーパー特進」の上位クラスとして

「東大選抜」というクラスが新設されました。

1期生の卒業は2018年春になります。

2011年以前は一貫生と高入生は別クラスの時期もあったようですが、

進路実績上昇とともに高2時点で文系理系の進路選択時に混合する

スタイルになりました。

そしてこの東大選抜クラスは再び高校3年間、高入生と別クラス。

最上位クラスのまま難関国立大を目指すクラスになります。

学年規模の1割に相当するエリートクラスが

さらに学校全体の進路実績を引き上げるのか

期待が大きいところでしょう。

多くの学校で一貫生と高入生の比率を調べてきましたが、

一貫生と高入生の比率が1:2で、

両者の進路実績のバランスをとるのはなかなか困難な作業です。

淑徳が少数の一貫生が進路実績を牽引する理想的な形を

実現できるかどうか、東大選抜クラスは試金石のように思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 11:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する