FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

あくまで現役合格志向を貫く女子校(29校め)
去年、ことしと大きな動きは見られずとも

2007-2010と2014-2017のプラスのギャップが目立つ学校

ということで、

進路実績の伸びについて着実さが感じられる学校を

拾い出したつもりでしたが、

まったく意図せず、ここ2、3年で失速、減速している

学校が続いてしまっています。

実績が伸びている学校を手放しでホメるのにも

抵抗がありますが、

失速、減速の原因を探るのも

骨が折れる作業です。

できれば難関大合格者減の逆風に耐えてなんとか現状維持程度に

読み取れれば十分だと思うのですが、

伸びていたはずの学校へのこれまでの期待もあって、

なかなかそうはいかない様子です。

まあそれでもここ10年の「貯金」がある学校と

使い果たしてしまった学校では差があるということでしょう。

きょうは東京の女子校・共立女子。

国公立大よりも難関私大現役合格の志向が強い学校です。

2016年まで6年連続で現役進学率90%超。

2007~2015年の9年間でMARCH実績自己ベスト更新が何と8回。

2016、2017年は2年連続で実績ダウンが見られますが

まさにこの間の貯金がモノを言っているように見えます。

早慶上智実績も含めて、伸び始めた当初の実績に

戻ってしまったようなことは決してありません。

7年間推移の順位では、

7↓=3↑=4↓で

難関私大についてはかなり健闘しているようです。

国公立大実績は2015年に初めて10%を超え、

その後、質的変化が見られるのかと思ったのですが、

現役進学優先を貫き、その意味では生徒ひとり一人が

無理せず、多様な進路を選び取っていると言えるかもしれません。

1都3県の女子校の中では、群を抜いて

国公立大→早慶上智という相関が薄い

(=早慶上智第一志望者が多い)志向が読み取れます。

いかにも千代田区という都心にある女子校の

個性と言えるような気もします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 16:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する