FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

トップ校の伸び悩み、中堅校の伸び悩み
順調に進路実績を伸ばしているかのように見える学校でも、

どこかの時点で壁にぶつかり伸びが止まる、これはよくあることです。

さまざまなサンプルがありますが、これまではこのタイプの学校は

何かのきっかけで再び上昇する可能性は高いのだと思ってきました。

MARCH合格者の絶対数の増加により、多くの進学校で

少なくともMARCH実績は上昇し、その流れに乗らない、

乗れない学校は数少ない実績停滞校とみなしていました。

ところがここ数年で、右肩上がりだった学校が、伸びが止まるだけでなく、

伸びる以前の実績に近いところまで戻ってしまう事例が

散見されます。

各校とも自己ベストの更新回数自体が減っていて、推移のベクトルを

読み取ることがなかなか難しくなってきた、というのが感想です。

ということは推移だけでなく最新時点でどのステージにいるのか、

という点の情報もあわせてインプットしなくてはならないようです。

どのステージで伸びが止まったか、どのステージまで実績ダウンして

しまったか、ということです。例えば、

栄光学園,浅野,豊島岡女子学園,海城,開成,渋谷教育学園幕張,

駒場東邦,麻布,雙葉などの上位校では現状維持もしくは停滞という

評価になりますが、それぞれ高いステージに位置しており、

注目すべき変化が起こっているようには思えません。

いっぽうで推移そのものは似通っていても、

城北埼玉,宝仙学園,桐蔭学園,西武学園文理,カリタス女子,

江戸川女子,跡見学園,専修大松戸,湘南学園,東京純心女子,城西川越

あたりの中堅上位校の伸び悩みには今後の不安を感じてしまうわけです。

このほかにも、思わぬ急減速の実態が、

2007-2010と2014-2017のギャップの網にかからない学校も

あります。

もう少し、複数の観点から慎重に学校のピックアップを

続けようと思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 13:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する