FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

着実な伸びor単なる反動or急失速?(26校め)
ここのところは

2007-2010と2014-2017のギャップ(+)が大きい学校、

かつ2017年に急落していない学校ということでの

ピックアップが続きます。

微妙なのは2017年の実績が急落と定義できるか

できないか。早慶上智、MARCHの合格者絞り込みの

影響で多くの学校が実績ダウンです。

そのダウン幅を客観的に判定するのは困難です。

2007-2013から2011-2017まで7年平均値を並べて

途中でダウンがない、少なくともなだらかに実績が伸びている

という条件で絞り込みます。

ここまで来て「勢い」という点で強調できる学校が

見当たりませんが、推移の特徴を押さえつつ、

あと何校か見つけようと思います。

きょうは神奈川の女子校・湘南白百合学園。

2007-2011の5年間はまったくベスト更新がなく

停滞していましたが、MARCH実績は2012年から

3年連続、早慶上智は2013年連続でベストを更新。

いかにも実力校の本領発揮、という印象でした。

問題は国公立大実績。

2006年がベスト(20.5%)で、翌年が17.5%。

2015年には15.8%まで盛り返しましたが、

2016、2017年は続けて10%を割っています。

女子校の場合はどちらかというと私大志向が強く、

波が大きい印象があります。

国公立大を伸ばしている学校は、

並行して難関私大も伸びますから、

たとえ女子校といえども、進学校なら

10%はクリアしておきたいところ。

7年間実績の順位でみると

7↓=4↑=7↓

残念ながら、早慶上智、MARCHは、この2年で

それぞれ3年連続でベスト更新を果たした前の時点へ

戻ってしまいました。

学年規模160名台の規模だと

どうしても変動が激しくなるようです。

2016年の時点ではそれまでの好調の反動?

と見ていたわけですが、一転2年連続の不調

に終わりました。

低迷を脱した後の失速とは残念な結果です。

それでも、

2007-2010と2014-2017のギャップ(+)

がTOP10レベルというのは単なる数字のマジック

だったようです。


■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する