FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大きな変動ではないが、着実な伸びの学校(21校め)
(前回の更新時間が予定外になってしまったので、少し間隔を調整しました)

進路実績が順調な学校。

プラスもマイナスも大きな変動はないけれど、

ここ10年を見ると、着実な学校。

まあキタシロにとって、新鮮さがない(笑)ので

なかなか紹介しようという気にならなかったりします…。

去年もそう言っていたような…というわけです。

今回のように学校として急減速したのか、

一時的な難関私大合格者絞り込みの影響なのか

不明瞭なケースが多いと、こうしたわかりきった学校を

ひとつひとつ確認していくのも大切かもしれません。

ただ、昨年の印象では5年前にかなりの有望株だった学校が

急失速していたケースがいくつかあり、

理由は不明ですが短期で流れが変わる傾向もなくはないので、

少しだけ慎重になります。

女子校で伸びが顕著だった学校として、洗足学園、鴎友学園女子など

をすでに紹介していますが、この吉祥女子も安定して

それらに次ぐポジションをキープしています。

近7年間推移の順位で言うと

国公立、早慶上智、MARCHが

↑4=↓4=↓4で

可もなく不可もなくのように見えます。

難関私大の数字は実際に去年よりダウンしており

国公立実績もベストでも2位でもありません。

現役進学率も安定して80%を超えていますが、

女子校としては格別に高いわけではないので、

伸びとしては目立たないのだと思います。

しかしながら、2007-2010と2014-2017のギャップ(+)の

大きさはトップ5に入ります。

2013年から5年連続で国公立大20%超が続いており、

30%台もすぐそこまで来ています。

当然ながら早慶上智実績もついてくるわけで

7年連続60%超となっています。

8年以上60%超なのは

桜蔭,鴎友学園女子,頌栄女子学院,女子学院,白百合学園

豊島岡女子学園,雙葉,フェリス女学院,横浜共立学園,

横浜雙葉,浦和明の星女子

11校だけですから価値があるでしょう。

MARCH実績も5年連続で100%超ですが

もうここにはこだわらないレベルまで

手が届いているのはMARCH実績の中でも

明大が圧倒的に多いことからも見てとれます。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 06:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する