FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

長めのスパンでは着実に上昇している学校15校
いろいろと紛れる要素も多く、進路実績の相互比較が

難しくなってきている気もしますが、

今回はもう少し引いた視点でチェックしてみます。

引いた視点で新たに浮上する学校はあるのでしょうか。

指標にしている国公立大、早慶上智、MARCHの

7年間推移の平均値。

昨年はこの「平均値」を総合化して合算し、

2007-2013の7年間と2010-2016の7年間で比較していました。

私立進学校上位100校では、この両者の比較で

全体の9割近い学校が数字を伸ばしていました。

そこで比較対象を2007-2013の7年間と最新実績を

加えた2011-2017の7年間平均に更新して、その変化を

見てみます。

やはり難関私大合格者減の流れを受けて、実績ダウン校が

前回の1割から2割へ増加しています。

とはいえこの数字を見る限りは

8割の学校が依然として数字を伸ばしています。

つまり総じては私立の中高一貫校の難関大合格実績は

まずまず順調と言えるようです。

2007-2013と2011-2017の比較は、実質的には

2007-2010の4年間と2014-2017の4年間の差分ということになるわけです。

さらに絞ると、

このうちの36校が2008-2014,2009-2015,2010-2016,2011-2017と安定して

4年連続でこの総合値を伸ばしています。

これらの学校はここまでにしっかり積み上げた貯金がモノを言っていると同時に

最新実績の落ち込みを最小限にとどめていると言えるでしょう。

きょうはこの絞り込んだ36校のなかから、

伸び幅の大きい学校を表にしてみました。

170626_2007_2017_7to7b.jpg

当然プラス変動が大きい学校としてすでに紹介済の学校が

5校含まれていますね。高輪はマイナス変動が大きかったと

紹介しましたが、2014-2016の伸びが効いて総合値としては

下がりませんでした。

前年までよい流れで来ている学校は

簡単には崩れていないようです。

※学校サイトで公式データが未公表の学校は除いてあります。




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 21:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する