FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績の変動が目立つ学校PART2(19校め)
2017年最新の進路実績の評価。

サンプルを多く取れば取るほど徐々に

学校間に共通のパターンが

見えてくると考えています。

ひとつはここまで好調であった学校の持続。

そして不調が続いていた学校の持続。

突然の急上昇の場合も、やはりそこまでの流れを重視したいところ。

難関私大合格者が絞り込まれた状況で

国公立大、早慶上智、MARCHと3カテゴリーとも

自己ベストを更新したのなら、次年度の反動に警戒しつつも、

素直にプラスに評価すべきだと思います。

しかしながら、今回それに合致する学校はトップ100圏内には

見当たりません。

いっぽうで常に慎重に評価すべきなのは急落校。

突然の実績急落。

これはたまたまその学年が…という場合もありますが、

それまでベスト更新の頻度が多くない学校が

一度急落すると取り戻すのはなかなか大変です。

さて、きょう取り上げるのは東洋英和女学院

これまで取り上げたのは難関私大の大学側発表の合格数と

学校側発表の合格数にもっとも差がある学校としてでした。

その人数はMARCHで13名、早慶上智で44名、合計57名。

大学側発表数を100とすれば、学校側発表数は152(という比率)。

まずは他校同様、合格者比率の推移を出しておきましょう。

国公立大の自己ベストは2015年の12.4%。

2017年春は8.2%。

早慶上智のベストは2015年の74.1%。

2017年春は45.1%。

MARCHのベストは2013年の81.1%。

2017年春は46.2%。

国公立大の数字はもともと大きくないので

特にコメントしなくてもよいと思いますが、

早慶上智はベストを更新した翌年から

2年連続で減少しています。

もし一般入試の合格者数だけで比較したなら、

74.1%→45.1%以上の急落の可能性があります。

2010~2015年の6年間で早慶上智は計4回のベスト

更新を果たしていますが、今回の急落で一気に

2010年時点の水準に戻ってしまいました。

東洋英和女学院は学校サイト上にも

合格者・進学者のデータを詳細に公表していますから

さらに分析すると過去のデータと比較して

こんなことがわかります。

早慶上智がベストだった2015年は

早慶上智「進学者」61名、MARCH「進学者」21名(卒業者185名)

これに対し2017年は

早慶上智「進学者」40名、MARCH「進学者」25名(卒業者181名)

つまりMARCH進学者は減少していないわけです。

この数字が示すのは

早慶上智不合格→MARCH進学の流れです。

さらに掘り下げるなら、この学校では

上智・青学・立教の志向が強く明治はあまり人気が

ありません。

2015年の現役合格者数を2017年と比較すると

早稲田54名→19名、明治25名→12名、立教48名→27名と

この3大学の減少が顕著です。

MARCH進学者増の内訳は青学・法政の増によるもので、

難関私大進学者の推移と総合格者数減がリンクしていることが

見てとれます。

東洋英和は入口を見ると

受験者数も難易度も安定しています。

にもかかわらず、このような急失速が起こるのは、

もちろん学年によるムラもあるかもしれませんが、

国公立大<私立大、そして

早稲田・明治<慶應・上智・立教・青学という

はっきりした進学志向のせいなのではないでしょうか。

そこに難関私大合格者絞り込みが重なった…。

まさに進路実績は校風を表す、ということです。

2017年単年の実績だけで言うなら、

早慶上智合格比率40%超の女子校は以下の19校。

桜蔭,鴎友学園女子,吉祥女子,共立女子,光塩女子学院,
頌栄女子学院,女子学院,白百合学園,東洋英和女学院,
豊島岡女子学園,富士見,雙葉,鎌倉女学院,湘南白百合学園,
洗足学園,フェリス女学院,横浜共立学園,横浜雙葉,
浦和明の星女子

このうち国公立大実績で10%を下回る、

つまり私大志向が強く出ているのは

共立女子,東洋英和女学院,湘南白百合学園

のわずか3校。

逆にこのうち国公立大実績で10%を上回りながら、

早慶上智合格比率で40%を下回るのも

わずかに以下の3校。

晃華学園,田園調布学園,普連土学園

まあ、国公立志向or私大志向については

あくまで一例です。

(中学)受験生にとっての校風の合う合わないの一端が

進路実績の推移の詳細にも垣間見える

ということでしょうか。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 11:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する