FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績の変動が目立つ学校PART2(15校め)
あくまでも相対的にですが、2017年春の難関私大合格者数絞り込みに

よって、進路実績に大きな影響を受けた学校は、

東京・神奈川に多いようです。とりわけ男子校・共学校よりは

女子校に強い印象です。

それはすでにブログ記事でもお伝えした気がします。

単に前年比だけで見た場合、千葉・埼玉の上位共学校には安定感があります。

とりわけ国公立大志向の強い上位校を見ていくと

実績が急落している学校は見当たりません。

やはりそこは地力がモノを言うということでしょうか。

「進路実績の変動が目立つ」学校としては、急上昇、急下降的な

パターンが予想されるわけですが、結局は

「難関私大合格者数絞り込みにあまり影響を受けていない」

学校が相対的に上昇校であり、

「これまでの微減傾向が最新実績でも続いている」

学校が相対的に下降している学校となります。

2016年までの推移を踏まえてそのベクトルに変化は

あったのか、ということを重視して数字を見ています。

千葉県の共学校、渋谷教育学園幕張

国公立大合格率は直近6年間で5回も50%超の実績を

残している押しも押されもしない県内トップ校です。

国公立大、早慶上智、MARCHの

7年推移の順位で言えば、↓4=↑1=↑2

ここ数年は難関私大<国公立大という傾向が

強まり、MARCH実績は2010年ベストを更新して

以降は減少傾向。早慶上智は2010~2016年の

7年間でベスト更新は2回でした。

いっぽうで国公立大実績は2010~2016年の間に4回更新。

17年春の東京大学合格者が全国3位の渋谷教育学園幕張で

MARCH実績が少々上昇しても、

だからどうした、ということのような気もしますが、

このクラスになると、難関私大のほうが結果を出しやすい、

ということが言えるのかもしれません。

これも今春の各校の進路実績の一側面のように思います。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 13:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する