FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
68位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績の変動が目立つ学校PART2(14校め)
ここ5年ほどの傾向を見ると、MARCH実績を伸ばし、

早慶上智および国公立大実績を伸ばし、入試の難易度とともに

進路実績でも見る見るうちに上位に食い込んでくる上昇校は

数少なくなりました。

特に高校募集も行っている学校では現役でMARCH合格を

掲げる傾向が強く、中高一貫生もそちらの志向に

寄り沿っていくかのような状況も垣間見えます。

それなりに国公立大合格力がないと、今回のように難関私大の

一気の合格者絞り込みの影響をもろに受けてしまうようです。

その点で東大合格者を常に2桁出すような上位校の多くは

こうした難関私大の動向にも最小限の影響しか受けていない

と言えます。

東京の男子校・海城は、

高校募集を停止して以降、また一段と進路実績を伸ばし、

2013~2015年にはベスト更新がつづきました。

並行して現役進学率も男子校としては高い60%をキープし、

安定感抜群の実績を残し続けています。

2016年はせっかくの流れの中でやや実績を落としましたが、

翌年しっかり盛り返しています。

2016年、2017年を比較して、早慶上智、MARCHとも

伸ばした学校はトップ100圏内にわずか10校しかなく、

海城はそのうちの1校。

このグループには桜蔭、聖光学院、フェリス、渋谷幕張

などの校名が見られます。

いわゆる地力のある学校ばかりです。

もし仮に1年、2年不調の年があっても、

必ず挽回してくる学校ばかりです。

そう見えても、緩やかに下降に向かう学校が

絶対にないとは言えませんが、予兆のある学校は

現役進学率低下にあらわれます。

プライドは高くても、高校3年間ではそこまでの実力が

ついていないということです。

海城のような男子校はそういった特徴を

とらえた上で選択するのがよいとかねがね

考えています。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 14:20:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する