FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績の変動が目立つ学校PART2(12校め)
大きく目立たないまでも、合格者減の逆風に負けず、

着実な難関大実績を残している学校。

ひとつのフィルターのかけ方は、前年、2016年春にベスト更新した

学校のその後、です。

2016年春の時点でも難関私大の合格者絞り込みは行われており、

ベスト更新校は少なめのようでした。

それでも3カテゴリーすべてでベスト更新を果たした学校が6校。

2カテゴリーでベスト更新を果たした学校が7校もありました。

難関私大の合格者者減の印象はさほど強くありませんでした。

しかし、2017年春は比較にならないほど厳しい状況になりました。

さらにはせっかく前年にベスト更新をしても、

翌年反動で大きく減らしている学校もあります。

そんな中で、前年より総合的な実績はダウンしたものの、

近3年に絞ってみると、とても順調に見える学校がありました。

すでに鴎友学園女子です。

国公立大実績がここのところ安定して30%を超えています。

6年連続。

これを上回る高率を継続している女子校は、

桜蔭、女子学院、豊島岡女子学園、フェリス女学院の

わずかに4校のみ。

鴎友学園の進路実績の特徴はこうした国公立大の高い合格比率にも

かかわらず、国公立大志望へ偏重しすぎていないことです。

早慶上智は逆風の2017年春を含めて3年連続のベスト更新。

そしてMARCH実績は9年連続で100%超。

7年間推移の順位で示すと↓6=↑1=↓3で

相対的には難関私大実績に勢いがあることがわかります。

特にMARCH実績の継続性、安定性は女子校だけでなく

共学校を含めても随一で、

鴎友学園女子に次ぐ連続したMARCH実績100%超は

横浜共立学園が7年連続、帝京大学が6年連続、吉祥女子が5年連続

であることからもわかります。

現役進学率は2011年から6年連続で80%超。

女子校の中では特に高いわけではありませんが、かといって

MARCH実績において過年度生の合格数が目立つことはありません。

基本的にはあくまで現役進学をイメージして、

バランスよく受験していく校風が見てとれます。

それでも国公立大が第一志望なら、やはりそこにこだわって

再挑戦する、モチベーションの高さもあるのでしょう。

この先、数字的にはどんどん自己ベストを更新していく状況

ではなくなっていくはずですが、難関大学合格という目先の

結果だけでなく、その先も見据えた進路選択をしているという

印象がある学校です。




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 10:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する