FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

変化を乗り切るのも学校の実力です
2016年春は早慶上智もMARCHもやや難化?程度の

印象でしたが、2017年春は各校で明確に合格者数が減少しました。

これは大都市の大学が定員以上の学生を集めることで、

地方大学が学生を集めにくくなっている現況に対し、

定員を上回る入学許可に対して、補助金カットの姿勢を強く打ち出した

ことによるためです。

地方大学が募集難である原因は必ずしも、大都市大学の超過入学とは

言い切れない気がします。

地方のほうが少子化の進行が早く、地方の高校生が地元に留まらない

傾向は以前と大きくは変わらないのではないでしょうか。

いずれにせよ、人気を集める難関私大が合格者数を絞り込んだことで

多くの進学校は実績の伸びを欠きました。

そしてMARCH5大学と比較して、早慶上智が補欠合格が多かった

ことも変動に拍車をかけた可能性もあります。

合格率の推移で見た場合の、自己ベスト更新は非常にわかりやすい

実績の伸びではあるものの、そういった学校は激減しました。

それでも実力校は数字を残します。

過年度生の健闘があるにしても、桜蔭やフェリスでMARCH実績が

良かったのはその象徴でしょう。

進路実績推移は従来の7年間推移だけでなく、

直近3年間の動きも重視して見極めを進める必要があると感じています。

真の実力校はどうあっても浮上する、と思います。

最新実績、まだ学校データが未公表の学校がありますが、

次回から久々に記事を注目校紹介パターンに戻そうと思います。




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する