FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

過年度生の合格実績は母校の実力?予備校の実力?
進路実績がどうあるべきか。

もちろんそれぞれの学校によって感覚が違うと思います。

違って当然です。

このブログでも進路実績は校風の一部と書いているぐらい

ですから、どんな進路指導をしてどんな結果を残したかを

横の比較にとらわれすぎることなく見ていきたいと

思います。

さて、そんな中で昨日のデータにもありましたが、

いつも気になることがあります。

数値目標を設定してそれらをクリアしながら、

進路実績を伸ばしていく。

そんなスタイルは学校にふさわしいのだろうか。

昨今、あらゆる場面で数値目標をクリアすることだけに

価値を見出す風潮が強いような気がします。そして

達成するためには絶妙に達成できる目標を設定しておく…

そんな流れです。

ハードルは決して下がることなく、何らかの突発的要因で

到達値が上昇しても、次年度は機械的にさらに

前年の実績値を上回る計画値を立てる。

まあ正しい現状認識、客観性の保持はなかなか難しいのだと

思います。

いっぽうで「常にベストを尽くす」という前提で

具体的な達成目標を設けないというのもどうかと

思います。

その点、高校の大学合格実績は非常に興味深い

研究対象?です(笑)。

いろんなパターンがあるからです。

昨日のデータで気になったことはやはり

過年度生の扱いでした。

現役合格できなかったのは実力が不足していたから、

それもあるでしょう。

志が高かったからかもしれません。

トップ校の大学合格状況を比較してみても、

現役進学率が低い学校が東京大学の合格者は多かったりします。

志が高いからこそ、合格大学のすべてを母校に報告しない。

進学する大学=合格した大学だからそれでいいじゃないか。

気持ちはわかります。

過年度生の大学合格状況はできるだけ正確に。

でも完璧に把握するのは無理。

キタシロはそれでいいと思うのです。

MARCHの合格実績は実は学校発表の倍近い。

それが麻布や開成の校風でわかりやすいと思います。

ところが、大学発表の学校別合格者数を入手して、

自校が把握している数よりも多ければ、多いほうで

公表している学校もあるわけです。

たとえば合格者数25、ただし学部内訳不明4。

たぶん不明は過年度生の合格分でしょう。

でも学部の内訳を公表しようと思わなければ、この事実は表面化しません。

でも学校は同じ大学でも最難関学部、人気学部に多く合格している

ことを公表したいという気持ちもあるかもしれません。

そうまでしても合格実績トータルの数字が落ちているとしたら、

問題はどこにあるでしょう。

昨日、校名は書いてしまいましたが、

こんな学校もあります。

前年比でだいぶ減ったなあ、なぜだろう。原因が

わからないと思って数字をよく見たら、ことしから公表値は

現役生のみの数値だった…。

過年度生の実績を除外した理由は、

正確性を欠くから推移を比較できないと考えたのか、

現役合格にしか価値はないと考えたのか。

たぶん後者ではないと思います。

学校としては現役合格を目指すわけだから、その目標の達成度合いを

情報公開する。

方針はわかりますが、何か腹がくくれていないようにも

受け取れます。

一貫生と高入生を区別した進路実績は気になることですが

「そういったデータは集計していない」

「集計していても学校に利にならないので非公開」

そういう学校が多いいっぽうで

「過年度生の大学合格実績は不明かつ非公表」

一貫生も高入生も大切な卒業生なら

現役合格生も浪人合格生も大事な卒業生だと

思うのですが、問題が違うでしょうか(笑)

というわけで学校ごとに、こんなところを見ています。

思い出したのはフェリス女学院。

かつて大学合格状況の公表は現役生のみでした。

最近は過年度生の状況も公表するようになりました。

その過渡期は7年間推移を公表するにあたり、

大変気をつかいました。

ここ数年はブログでも書いているように、

トップ校なのにいまさら?と言いたくなるほどの

進路実績の伸びを見せています。

7年間推移で言うと、3カテゴリーで延べ10回の

ベスト更新。これは過年度生の実力も大いに

寄与していると見ています。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 10:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する