FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

現役進学率10%の差?
現役進学率が低い男子校は、難関大学進学のモチベーションばかりが

先行しているような気がしますが、そのいっぽうで、現役進学率が

高い学校に対しては、もう少し高い目標設定でもイケるのでは?

と思うこともあります。

現役進学率が突出して高い学校といえば、代表的なのは

埼玉県の女子校・淑徳与野です。

女子校ではトップクラスでもときに現役進学率が90%を超える

ケースがありますが、淑徳与野の場合は、この平均値が94%前後を

マークしています。驚異的な数字です。

ただし、国公立大合格率が10%を超えたのは過去に2回しかなく、

私立大志向がはっきりしている学校です。

早慶上智で見ると大学発表の一般入試合格者数が55名なのに対し、

学校発表は84名。MARCHの場合は大学発表の一般入試合格者数が

191名なのに対し、学校発表は215名。

特にMARCHに関しては浪人生が学校に報告しない?男子校とは違い、

学校発表数が少なくなることはなく、逆に増えています。

指定校推薦枠なども最大限活用されていることがわかります。

それだけ学校として現役進学を後押ししているわけです。

これが同じ埼玉でも浦和明の星女子の場合は志向がかなり違います。

現役進学率は80%台前半で淑徳与野よりも10%前後低い代わりに

国公立大合格の比率は9年連続で20%を超えています。

早慶上智合格者は大学発表の一般入試合格者数が96名なのに対し、

学校発表は116名。MARCHの場合は大学発表の一般入試合格者数が

135名なのに対し、学校発表は133名とここでも

淑徳与野とは違う傾向を示します。

同じ埼玉の人気女子校でも進学カラーが大きく異なるわけです。

これは高校募集のない浦和明の星と高校募集主体

(ただし中高一貫生と高入生は別クラス)の淑徳与野の

違いとも言えるかもしれません。

首都圏模試センターの2017結果偏差値(80%)では、

浦和明の星が74、淑徳与野が67ですが、

国公立20大+早慶上智+MARCHの合格実績は

浦和明の星は淑徳与野のほぼ2倍。

特に中学入試の視点から見た場合、

たかが現役進学率10%の差と考えると、淑徳与野は

そこまで現役進学にこだわらなくても伸ばせるのでは…

という気もしてくるわけです。


■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する