FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【進路実績最新動向2017(8)】東京・女子校…7↓=7↓=7↓
前年実績から大幅ダウンした学校の3校めです。

女子校が続きます。

理由はわかりませんが、男子校・共学校よりも

ダウン幅が大きな女子校が目立ちます。

さすがに7↓=7↓=7↓ともなると、

危機感を持ってとらえなければいけないでしょう。

当然、次年度の奮起を期待したいところですが、

この学校、2010年に3カテゴリーで自己ベストを

記録して以降、7回のベスト更新を重ねてきましたが、

2017年実績の一気のダウンで、2009年以前の水準に

戻ってしまいました。

今回も各記事の冒頭に毎回この数字記号の意味を記しておきます。

======================================
最初の数字が国公立20大、次が早慶上智、

3つめがMARCH実績で

2011-2017年の7年間の数値のうち、

17年春が何番めの数値かを示します。

↑は前年16年春の値と比較しての

上昇・下降です。
======================================

2006年から2016年の11年間で現役進学率90%超を8回も

記録しているこの学校は山脇学園

現役進学率が高く、国公立大よりも私立大志向が強い

進路実績だったせいもあり、MARCH実績のダウンが

他のカテゴリーにも大きく影響した印象です。

別の側面から見ると、現役進学率を重視し、

国公立大を志向せず、早慶上智を伸ばそうとしても

なかなか安定した実績にならないという

ことのようにも思います。

今回、同じ7↓=7↓=7↓だった学校に

女子学院がありますが、国公立大志向が強い学校では

ある学年が不出来だった場合、翌年の実績に

過年度生分が加わるため、2年連続の

不調が起こりにくいのがトップ校。

現役進学率が高い場合はそういう意味での単純な反動が

期待できない可能性があります。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する