FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【進路実績最新動向2017(7)】東京・女子校…6↓=7↓=7↓
前年実績から大幅ダウンした学校の2校めです。

単純に最新の実績が思わしくなかった、だけの理由で

ピックアップするのは気がひけます。

しかし、進路実績が理由なく偶然大きく下がることは

まずありません。

必ず背景があるものです。

今回の流れで7年間実績の「順位」に注目して

分析していますが、あくまでも視点であって

この3カテゴリーの順位がその学校の状況を

端的に表すとも言い切れません。

6↓=7↓=7↓という

この学校の大幅ダウンを見てそう思います。

例によって各記事の冒頭に毎回この数字記号の意味を記しておきます。

======================================
最初の数字が国公立20大、次が早慶上智、

3つめがMARCH実績で

2011-2017年の7年間の数値のうち、

17年春が何番めの数値かを示します。

↑は前年16年春の値と比較しての

上昇・下降です。
======================================

6↓=7↓=7↓ですから、早慶上智、MARCHの

2カテゴリーで7年間で最低の数字でした。

学校名は豊島岡女子学園

過去11年間で見ると、どのカテゴリーでも

自己ベストがまったくなかった年は2009年、2012年と

17年春を含めて3回だけで、常に安定して伸ばして

来ましたから、かなり意外な印象です。

東大合格者も前年の41名から21名へ半減させてしまいましたが、

この部分も含めて前年までの反動と思わざるを得ません。

他の上位校にも見られる傾向ですが、

国公立大に志望をシフトし、そもそもの難関私大志望者が

減少している中で、国公立大に結果が出ないと

全体の数字が大幅ダウンとなってしまうのでしょう。

7年間で6番めの数字ですが、国公立大合格率は8年連続で

30%超え。桜蔭、女子学院に次ぎフェリス女学院と並ぶ

高率ですから、次年度の巻き返しは必至と見ています。

仮に大幅ダウンでも悲観すべき内容とはいえない場合もあると

思います。

■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 09:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する