FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

例えば早慶上智合格者数を「余力」として見ると…
第一志望の大学はそれぞれで違うわけですから、

学校ごとに細かく分析することに

さほどの意味があるとは思っていません。

まず発表される合格者数には

「第一志望ではないが合格を確保」した数が

いわゆる難関大学といえども、かなりの比率で含まれている

ということです。

イメージとしてはあくまで「余力」です。

国公立大学の場合、第一志望である確率が

高いですが、東京大学をはじめとする旧帝大クラスを除けば、

合格しても進学しないケースはさほど珍しくありません。

大学によっては1~2割の合格者が辞退しているのも現実です。

いっぽうで難関私立大の中でもっとも合格→進学率が高いのは

慶應大。本ブログでは便宜上早慶上智とくくってしまっていますが

この3大学の間でもけっこう差があります。

残念ながら合格者→進学者のデータは一般には非公表の学校も

多いようなので、最新ではないのですが、

手元でもっとも揃っている2015年度の数字で見てみます。

サンプルにピックアップしたのは、

鴎友学園女子、桜蔭、大妻、共立女子、女子学院、

品川女子学院、東洋英和女子学院、淑徳与野、海城、攻玉社、

芝、高輪、本郷、逗子開成、東邦大学付属東邦、栄東の16校。

データのある学校で男子校・女子校・共学校など

レベルを揃えて抽出したつもりで、他意はありません。

早慶上智の合格→進学の範囲は

17.2%~45.3%

もっとも低いのが桜蔭、高いのが東洋英和女子学院。

これを3大学個別に見ていくと、

早稲田大の合格→進学の範囲は

16.3%~43.6%

もっとも低いのは桜蔭、高いのは淑徳与野。

慶應大の合格→進学の範囲は

19.0%~73.3%

もっとも低いのはここでも桜蔭、高いのは東洋英和女子学院

上智大の合格→進学の範囲は

2.8%~37.0%

もっとも低いのが女子学院、高いのはやはり東洋英和女子学院。

上智がもっとも学校差が大きいことがわかります。

合格→進学率が1割を切るケースが珍しくありません。

裏返せば以前よりも合格が多く出ている印象です。

もしその学校で国公立大志望率が高ければ私大合格→進学率が

下がるのは確かに当然のことです。

合格→進学率の数字で

それぞれの学校の進学キャラが

より明確にわかります。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 15:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する