FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
77位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東大はともかくトップ進学校の生徒たちが目指す第一志望大学は?
多くの生徒が国立大学を第一志望とする開成の例は

少々極端かもしれません。

早慶上智あわせて372名の合格者のうち、2割も

進学していません。もちろん早慶上智の複数学部を

受験している可能性もあり、合格・非進学者が志望上位の

国立大・海外大へ進学しているわけでもないでしょう。

それにしてもこの早慶上智合格→進学率16%は

低い数字です。

今度はまったくタイプの違う学校、女子校を2校

見てみます。

最初は豊島岡女子学園。

学校サイトに公開されている合格・進学データは

現役のみですが、

合格者数は早慶上智218名、MARCH149名中、

進学者はそれぞれ65名、23名。

率にして29.8%、15.4%しかありません。

もう1校、頌栄女子学院。

こちらは現浪あわせたデータで、

合格者数は早慶上智239名、MARCH236名中、

進学者はそれぞれ72名、24名。

率にして30.1%、10.2%です。

女子校にしてはかなりMARCH進学率が

低いように思います。

女子校でもこのクラスになると

合格者数が早慶上智>MARCHに傾いていくわけですが、

それにしても進学率に差があります。

人気&難易度としての

慶應>早稲田>上智

明治>立教>中央、青学、法政

の序列もこの進学者比率から透けて見えますね。

もう少し例を探してみようと思います。

とりあえず明日の更新はお休みします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路データは語る | 12:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する