FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

それはあらためて学校サイトを見比べての印象
猫も杓子も難関中学と言います。

いや、書き方が悪いですね。「難関」はあくまで相対的な

話でした。

さまざまな面で魅力的で人気のある学校は競争率が

高い、ということでした。

数字は正確ではありませんが、事実

受験者数ベースで人気上位3分の1の学校に

全受験者の3分の2が集中しているわけですから、

いたしかたのないところでしょう。

最難関校→難関校→中堅校→定員割れ校…

受験生の向かう先が均等じゃないから

こうして入試の難易度に差が出るわけですが、

どこからどこまでが「難関」で、

どこから「中堅」なのかは

客観的な定義は存在しません。

偏差値だって、テストの主催者によって

母集団が違うわけですから。

あらためて、になりますが、

そんな入口の難易度よりも進路実績のほうが

ずっと客観的だと考えます。

少なくとも付属校を除いて進学校としては

一定のレベルというものが存在しているように

考えます。

1都3県でいえば、3分の1強が

そのラインをクリアしています。

まさに

「受験者数ベースで人気上位3分の1の学校に

全受験者の3分の2が集中している」

と合致します。

あとは人気先行型と特定の理由で実績のわりに

不人気な学校がそれぞれ数校程度

存在するだけです。

この客観的であるはずの

「卒業生の進路」と「進路指導」が

学校サイトでどう扱われているかを見るだけでも

その学校の姿勢がわかります。

おっとその前に、学校サイトを広報ツールとして

どう活用すべきかという考え方の差が

よくわかると思います。

もうそこで一部の学校はすっかり時代に追いつけていない、

そんな気になったりもしますね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 09:55:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する