FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

とりあえず実績塾ほど中学受験の特殊性をよく知っている…
志望校合格率100%じゃなくて、合格数÷受験数の値が

高い塾がすごい塾でしょう。

そんなほんとうの数字はどこにもありません。

そんな数字が世の中に流れたら塾は商売ができません。

よけいに「受かりそうな学校しか受けさせない」

みたいな話になってしまいます。

もしくは「どこを受けても受験生の自由。そのかわり

責任は持てない」となってしまいます。

すべての受験生が「開成に受かりたい、桜蔭に受かりたい」

なんて夢のまた夢。

高嶺の花の最難関校だけを見るのではなく、頑張って手が届く

範囲で率を上げていく、そこが塾長(教室長)の腕の見せどころ。

全勝は不要なんです。

もし仮に第一志望が高嶺の花だったとしても、

次善の学校を受験生がちゃんとチョイスできるように

さりげなく塾が仕向けていく。

そのための保護者とのコミュニケーションを欠かさない。

決して塾が薦めてくれたから志望校に…ではなく

納得づくで受験態勢に入る。

それらが兼ね備わってデキル塾ということです。

経営の側から見れば、全教室に人的資源を投入するわけには

いきません。選択と集中が必要になってきます。

そこのところは受検生としても大人の事情をふまえて

自己責任というわけです。

いまさら蒸し返すなら、受験情報誌の誌上で

ある難関中の併願パターンを例示するとなったときに、

「もしアルバイトの講師だったとしても、ちゃんと

受験生を導けるように」データをまとめてほしいと

言われたわけです。

いくら選択と集中でもそれは無理筋。

そういう意味では塾における学校選択力・進路指導力には

限界があって、だからこその塾ごとの傾向、情報提供と

なって当然です。

その上でやはりトップ100進学校+有名大学付属で

平均合格数が2.0は欲しいわけです。

そして1月入試や午後入試だけでこのラインをクリアしても

胸を張れません。

編集部を離れて中小塾にくまなく合格データの提供を

依頼することはなくなってしまい、最新データでは

ありませんが、

在籍者数100名未満の塾で、平均合格校数が2.5を超える塾が

いくつかありました。こういった塾は規模が小さいからこそ、

個別対応ができているとも言えます。

でもその数は決して多くありません。

そしてさらに重要なことがもうひとつ。

中学受験で万が一不首尾でも高校受験までアフターフォローする

塾ほどこの平均合格数は伸び悩んでいるように見えました。

中学受験には対応するが、高校受験がメインという塾も多いのが

現状ですから。

そして個別指導専門塾も難関中合格実績を公開している塾は

あまり見かけません。あくまで大手塾の駆け込み寺的な

位置づけだからかもしれません。

そういう意味で(特に首都圏の)中学受験は特殊です。

なぜ中学受験をするのか

その大局を見失い、せっかくの時間と努力を

無駄にしてしまわないためにも、

保護者には段階を踏んだ「覚悟」が必要だと思います。

というわけで、各校の受験者数の増減の背景に大手塾の意向が

反映している的な話題の流れも今回でひとまず

終了します。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

塾には塾の事情があって… | 09:15:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する