FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【中学受験】大手塾の学校別合格者数の話PART6
ここまでの話、やっぱり難関中ならサピックスかあ、

大学付属は早稲田アカデミーが強いわけだ、神奈川なら

まず日能研…そういった短絡的な話をしたいのではありません。

とりあえず最終的にどの学校を受けようか、

決まっていないので確率の高い塾を選ぼう、という

話でもありません。

実は教室によってもパフォーマンスに差はありますから、

その大手塾の通いやすい近くの教室でベストな選択かというと

これはもう運不運です。

ただ、こうして塾同士で受験生争奪戦が行われている以上、

ターミナルにある重点教室には優秀な講師が集まるのは

自明の理です。

逆転の発想でそういった競争の激しい場所はわが子に向かない、

と考えるケースもあるかもしれませんが、そもそも

中学受験そのものがそういったシビアな環境ですから、

わざわざ合格率の低い教室を選択する道理はないと思います。

きょうは第一志望比率の少ない学校、つまり

入試回数が多いとか、午後入試に力を入れているとか

そういう特色のある学校をピックアップしています。

170423pmo.jpg
青=サピックス、赤=早稲田アカデミー、緑=日能研

ご覧の通り、総受験者数が多い学校(都内)を選びましたが

合格者占有率は実にバラバラです。

宝仙学園は都立中志望者が併願している兼ね合いで

enaの占有率が33.8%とトップです。2位は栄光ゼミナールで15.3%。

つまり第一志望以外でどこで合格を押さえるか、

午後入試の受験校はどこがおすすめか、

こう考えるとそれぞれの塾の色が見えるような気がします。

これを反対側、学校の側から考えた場合、

どうすれば高い偏差値をキープできるかを考えると…

そこにも募集戦略が少なからず存在すると見ます。

午後入試の成功のためには

とにかく大手塾から多くの受験生を送り込んでもらうに

こしたことはありません。

進路実績の推移とこうしたトップ塾の占有率を

並べてみて、感じるものがあります。

学校が塾の味方か、塾が学校の味方か。

いやお互い持ちつ持たれつですね。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

塾には塾の事情があって… | 09:45:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する