FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【中学受験】大手塾の学校別合格者数の話
現実として中学受験において、先に志望校が決まっていて

その志望校にあわせて塾を選ぶ…ということはあまりないのかもしれません。

この中学に入るなら、この塾が強い!

という情報があまり活用されない理由はそこでしょう。

どんな中学でも強い。難関中にまんべんなく強い。

そんな塾があれば、ただただ人気になるのは当然のことでしょう。

各塾は入試が終わると自サイトで合格状況を速報していますが、

合格者数は公表されても、合格率はわかりません。

合格者の絶対数が伸びるのと、ベースの在籍者数が増えるのと

当然関連はあるわけなのですが。

とりあえずサピックス1強であると書きましたが、

サピックス1人勝ちかというと、ほんとうは中学受験の市場全体を

俯瞰しないとそこまでは言えない気がします。

塾産業全体における中学受験の立ち位置の問題です。

さて、前置きはこのぐらいにして、

まずはいつも当ブログで7年間推移グラフなどでランキング化している

進学校への合格者数を塾別に見ていきたいと思います。

まずは国立・公立中高一貫校も含むトップ30、次に国立・公立中高一貫校も含む

トップ50、そして国立・公立中高一貫を含まない私立の上位80校のうち、

合格者1位を獲得した学校の数は塾別にこうなります。

●トップ30→サピックス23校、日能研7校、

●トップ50→サピックス30校、日能研17校、その他3校

●私立進学校トップ80→サピックス33校、日能研42校、その他5校

「傾向」が顕著ですね。

これが早慶+MARCHの付属校の実績だと

→サピックス6校、日能研4校、早稲田アカデミー5校

とこうなるわけです。

補欠合格、繰り上げ合格、その他の理由で

各塾の発表する合格者数合計が学校側の発表する合格者数を

上回るケースがあることを踏まえて、

塾の合格者数が全合格者数の占有率50%を上回る例は以下の通り。

青山学院、桜蔭、海城、開成、慶應中等部、駒場東邦、

渋谷教育学園渋谷、白百合学園、筑波大附属、筑波大附属駒場、

広尾学園、立教女学院、早大学院、

栄光学園、慶應普通部、湘南白百合学園、聖光学院。

17校のうち湘南白百合だけが日能研の実績で

あとの16校はすべてサピックスがマークした実績になります。

なかでも筑波大附属、筑波大附属駒場の2校は

占有率が70%を超えています。

2位塾の3倍近い合格者を出している学校さえあります。




■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

塾には塾の事情があって… | 08:35:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する