FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

なぜ「中学受験をするのか」という難解かつ重大な話
「保護者の覚悟」も延々ロングランになるカテじゃないと思われます。

不変かつ難解なテーマは

「なぜ中学受験をするのか?」

です。

この質問に簡単に答えられるほうがおかしい。

だがしかし、かといって、中学受験をヒミツにする傾向も顕著で、

「中学受験=見栄」と言っても過言ではありません。

この難解かつ微妙なテーマに答えを出す、ことこそが

保護者の覚悟だと思っています。

答えを出さずに、通過していくご家庭のほうが圧倒的に多いわけですが、

問い続けることで得られるものがあります。

えっと当人たちには大変申し訳ないのですが、かつての部下というか後輩。

入社年度で言うなら5~8年後輩の女性スタッフが立て続けにわが子の

中学受験を迎えました。

まあ、見事に三者三様でした。いずれも優秀かつ頼りになる後輩でしたが、

中学受験と見栄の関係というのは、それほどに密接なのです。

退職するときには3人とも普通に「お世話になりました」と言ってくれましたし、

相談してくれた、してくれないで今後何かが変わるわけでもまったくありませんが、

身近にプロがいても、受験させる過程は見せたくないものだということです。

同期や後輩ではなく、先輩でも「ああ、あそこか」と思われてしまうわけですから。

別に地雷じゃなければ、どこでもいいでしょうし、仮に少々地雷でも

ちゃんと戦略を立てれば、さほどその後に影響はしないんですけどね。

とはいえ、偏差値70の学校を「第一志望」宣言したのに、小6の二学期に50台前半の偏差値だと

さすがに誰にも会いたくなくなるでしょうけど。

ということで、次回からは「保護者の覚悟」編を卒業して、

志望校決定に至るまで…をテーマにして新カテをお送りしようかな、と

考えております。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「志望校選びのヒントをもっと!」という方は応援よろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

問題は保護者の「覚悟」 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する